カテゴリー「車」の21件の記事

2017年5月28日 (日)

Yahoo!カーナビとスマホスタンド

我が愛車では、以前の記事「PND JM-434N を買ってみた」で書いたポータブルカーナビ JM-434Nを使ってきたが、さすがに5年を過ぎると、

  1. 地図データが古いので道が変わっている
  2. 登録していた地点がいつの間にか消えてしまう(ソフトのバグ?)
  3. バッテリがヘタってきた

などの問題が目立つようになってきた。

そもそも私の場合、カーナビを使いたい場面は年に数回レベルということもあって、特に 1の理由から最近はほとんど出番はなかった。

そこで、遅まきながら最近 Yahoo!カーナビを試してみたのだが、あらっビックリ sign02 
問題がないというレベルではなく、(私のスマホサイズが少し大きいこともあって)見易さ、精度、設定のし易さのどの点でも JM-434Nを完全に超えている coldsweats01

これで地図データも最新ということであれば、もう誰もカーナビなんて買わないだろsign01 というレベルである。
また、利用環境面でも私の旧式の格安スマホと格安SIMの組合せで(少なくとも私の試した都市部では)画面更新など全く問題がなく、通信量も通常の日と比べて特に大きいということもなかった。

いやぁ~、これではカーナビメーカは商売上がったりである。happy02

私的に唯一困ったのが、スマホの固定である。とりあえず、PND JM-434N用のスタンドに無理やり輪ゴムで固定していたのであるが、輪ゴムが画面を横切るのでちょっとカッコ悪い。

 JM-434N用のスタンド
 Carnavi_003

そんな折、ダイソーでスマホを挟んで固定できるアイテム(商品名:携帯電話クリップ)を発見。下にカメラの三脚が取り付けられるネジ穴が空いているので、ここにネジを付けてスタンドにうまく固定できるのではないかと思い購入。

 携帯電話クリップ(矢印部を上下させてスマホを挟んで固定する)
 
Carnavi_002

三脚用のネジの規格は、1/4インチネジというものらしいのだが、近所のホームセンターには取扱い無し。
amazonにも「三脚用ネジ」で探してみると色々なタイプのものがあるようだが、たまたま吉祥寺のじゃんぱら で、それらしきネジを発見。(税込280円)

 三脚用ネジ
 Carnavi_001

早速、付けてみるといい感じで固定できた。

 Carnavi_004
 Carnavi_005

めでたし、めでたし。

でも、オートバックスなどでも安いスマホスタンドは1000円くらいからあるみたいなので、それでも良いかも。

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月13日 (日)

キーレスエントリの反応劣化に対処してみた

愛車のレガシィアウトバック(BP9)も既に10年を過ぎ、エンジン回りはまだまだ快調であるが、いろいろと問題が発生してきた。

最近も、嫁さんがキーレスエントリ(スマートキーではなくドアロックの開閉のみ)のボタンが効きにくいと騒いでいる。ボタンを押しても反応しないことが多いのだとか。(と言ってもちゃんと乗れているので、何度か押せば反応するようだ)

こういう場合、これまでは電池を交換すれば収まっていたのであるが、電池は少し前に交換したばかり。仕方がないので、私のキーと交換したのだが、それでも反応はイマイチのようだ。私は週末しか乗らないので使う頻度は少ないのだが、確かに1度で反応しないことが時々ある。

ということで、電池交換以外の手はないかと、キーを分解してみた。

 写真1:キーの外観
 
Keyless_002

 写真2:分解したところ(⑤は③の側面を覆う薄い金属板)
 
Keyless_001

 写真3:③のウラ ~ 素材は薄いゴム
 
Keyless_003

 写真4:④のウラ ~ 電池ソケットがある
 
Keyless_004

キーの写真1の黄色の〇印のネジを外すと、②~⑤の部分が一体となって外れて電池交換ができるので、通常は②~⑤をばらす必要はないが、今回はばらしてみた。
と言っても、それぞれは互いにはめ込んでいるだけなので、先の細い棒などを使って簡単にばらすことができる。

キーのボタンを押すと、そのウラ側にある写真3の〇印の突起が押されて、写真2の④の基盤の接点に接触する仕組みである。
※写真3の右上の突起は3ボタン用のものなので私のキーではダミーである

この仕組みは、以前の記事「リモコンを修理してみた」のDVDプレーヤのリモコンと同じなので、その時の対策が有効と思われる。ただし、その時は最悪壊れてもよいリモコンだったのでアルミホイルを貼って導電性を復活させたが、今回は壊れると代替手段がないキーなので、まずは接点復活剤での修復を試してみることにした。

使ったのは、以前買っておいた タミヤ接点グリス。これを写真3の突起の先端に薄く塗ってみた。

 タミヤ接点グリス
 Keyless_007_2

これでしばらく様子を見てみたが、嫁さん曰く、明らかに問題が解消したとのこと。
どのくらい持続するのかはわからないが、とりあえず一件落着である。

 

ついでに、激安電池についても一言。

このキーレスの電池は CR1620というボタン電池である。

通常量販店などでメーカー品を買うと200~300円するので、私はこれまで セリア系の100均で2個入りを買っていた。それでも特に問題はなかったが、最近、秋葉原の上海問屋で 5個100円、千石電商で1個40円のものを発見し試しに購入してみた。

 上海問屋オリジナルのCR1620
 
Keyless_005

  千石電商のCR1620(店舗ではバラで1個40円で購入可)
 
Keyless_006

キーレスに試してみると、千石電商のものはOKだが、上海問屋のものは(2つ試したが)全く反応しない。テスタで電圧を測ると定格の3Vはでているのだが ・・・・ sign02   理由は未だに不明である。

でも、最近、ボタン電池はヨドバシとかでも結構安く売っているようで ソニーのCR1620 は送料込みで 102円 安ゥ sign03  知らなかった coldsweats02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月29日 (日)

カーバッテリーとリアワイパーブレードを交換

最近、車検を済ませたのだが、その際、近いうちに交換した方が良いものとして

  • バッテリー
  • リアワイパーのゴム

を指摘された。

バッテリーは特に問題の兆候は見られないが確かにもう4年半近く使っている。
いずれの交換も、

で記事にした通り、自分で交換した経験があるので、今回もやってみた。

まず、バッテリーである。
前回は Panasonic の caosが 通販で「送料込み12,888円」の店を見つけたものの、一度エンジンがかからない状態になっており配送を待っていられない事情から、近くのホームセンターで 別の製品を購入した。
今回は、緊急性はないので、前回買えなかった caosを またネットで探してみた。
すると、ありました・・・ flair   Yahooショッピングの WEBいち店で 100D23Lが 11,390(税、配送料込み)。それもレビューを書けば、古いバッテリーの回収が無料!!

ということで速攻でポチった。

リアワイパーもヤフオクで オートバックスブランドが(長さは少し長いが)たまたま出品されていたので、それもポチった。

 到着した商品
 
Carbattery_001

 Carbattery_009  Carbattery_008

 バッテリー本体
 Carbattery_003

 古いバッテリー用の返送伝票付
 Carbattery_002

 

バッテリーの製造年月日は上面に印字されていた。

 製造年月日は「150316E」
 Carbattery_004

15年3月製ということは、1年以上前 ・・・ 「やられた sign03  これが安さの秘密か」と一瞬動揺したが、冷静になって Panasonicのサイトを見ると、「左から2桁ずつ日・月・年(西暦の下2桁)」とのことで、16年3月製であった。coldsweats01

 

早速、交換に着手。
前回と同じ手順なので写真のみ貼っておく。

 古いバッテリーを外して
 Carbattery_005

 caosを装着
 Carbattery_006

 古いバッテリー。一度も給水していないがレベルはHighのまま。
 Carbattery_007

この後、古いバッテリーは caosの箱に入れて、佐川に集荷を依頼した。

交換直後、嫁さんが近くに買い物に行ったのだが、バックなどの低速時が少しおかしい(パワーがない)とのこと。
その後、私も1時間ほど運転したが特に異変は感じられない。原因は(そもそも本当におかしかったのかを含め)不明だが、バッテリー交換により、車に搭載されたコンピュータ(ECU=エンジン・コントロール・ユニット)の学習値がリセットされるという情報もあるので、もしかしたらそのせいかも知れない。ちなみに、それ以外でリセットされたのは、カーラジオの選局だけであった。
いずれにせよ、その後は特に問題は発生していない。

リアワイパーも前回と同じ要領で交換。

 外したワイパーブレード
 
Carbattery_010

替えゴムを 2cm程度切って装着した。
今回も前回同様、どうしてもゴムがめくれてしまい、精密ドライバーによる押し込みが必要であった。もう少し簡単に交換できるよう構造を工夫できないものだろうか?

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月16日 (土)

アウトバックのエアクリーナフィルターを交換した

我が家の愛車のアウトバック(型式 BP9)も、早くも13年目の車検の時期が近づいてきた。ということで、前回の車検の記録を見てみたところ、早めの交換を推奨する項目として以下が挙げられていた。

  • タイヤ
  • エアコンフィルター
  • エアクリーナフィルター

このうちタイヤは記事「タイヤを交換した ~ YOKOHAMA BluEarth RV-02 への道」で書いたように交換したので、今回は残りの2つの交換をやってみた。

 
まず購入であるが、webでコスパ優先で調べて、

をそれぞれ調達した。

 エアコンフィルターとエアクリーナフィルター(外箱)
 Airfilter_000 Airfilter_001

 フィルター本体
 Airfilter_002

エアコンフィルターは以前に交換した記事を書いたので、結果だけを報告する。

前回の「洗浄・再利用」から 1年と8ヶ月経っているが、思ったほどゴミや埃が付着しておらず、まだいけそうな感じだ。(もしかして、車検屋は交換期日を記載したシールだけで判断したのかも)
とは言え、折角取りはずしたので、新しいフィルターに交換した。

 取りはずしたフィルター
 Airfilter_030

 予想よりは汚れていない
 Airfilter_031

 新しいフィルター
 Airfilter_032

 

次に、初体験の エアクリーナフィルターを交換する。

レガシィやアウトバックの交換方法を webで探すと、以下のサイトが見つかった。

私のやや旧式のアウトバックとピッタリ同じ構造のものは「アウトバックのエアクリーナエレメント交換」だけで、実際にやった方法もほとんど同じであるが、自分の備忘録も兼ねて、以下に手順を書いておく。

手順と言っても、以下の丸印の個所の留め金類を順に外していくだけである。

Airfilter_010

 

まず、手前の2つのピンを抜いてエアインテークを外す。

Airfilter_011


ピンは樹脂製で、一見ネジのように見えるが実際は押し込んでいるだけである。従って、抜く際は頭をドライバで少し回しながら浮かせた後に引き抜く。間違ってエンジンルーム内に落ちたりすると拾うのに苦労するので注意が必要である。

そういう私も落としてしまった( weep )のだが、以前の記事「宅内LANギガ化計画 ~ こぼれ話」でも紹介した 100均のピッキングツールの活躍で時間を浪費せずに済んだ。

 キャンドゥで買ったピッキングツール
 
Lan008 

 レバーを強く握ると ・・・ 先から4本の爪が出てきてモノをつかむ
 
Lan009 Lan010


次に、エアクリーナーボックスの留め金を手で外す。

Airfilter_012

道具などは不要で、留め金の手前側を上に引き上げれば簡単にはずれる。

このボックスの手前側はシャーシに固定されているため、留め金をはすしても向こう側(ホースが付いている側)のみが広がる構造になっている。しかし、ホースが付いていると、ほとんど広げられないのでホースを留めているネジを緩めてホースを引き抜く。

Airfilter_013

なお、「アウトバックのエアクリーナエレメント交換」にも書かれているが、ボックスは向こう側にしか開かないので、エアクリーナフィルタを交換するだけであれば、エアインテークははずす必要はない。しかし、はずすことで、ボックスの穴から手を入れて中の掃除ができるので、折角の機会なのではずすことをお勧めする。

 エアインテークをはずすとボックスの穴から中のフィルターが見える
 Airfilter_014

さて、これでやっと交換できる状態になった。

エアクリーナーボックスの向こう側を開くことによって、ギリギリではあるが中のエアクリーナフィルターを取り出すことができる。

 Airfilter_015 Airfilter_016

新旧を比べるまでもなく、かなり汚れていた。

Airfilter_017

フィルター交換後

Airfilter_018

あとは、さっきと逆の手順でエアインテークまで取り付ければ交換作業は完了である。

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月13日 (土)

タイヤを交換した ~ YOKOHAMA BluEarth RV-02 への道

前回の記事「タイヤを交換した ~ GOODYEAR EAGLE LS2000 Hybrid II への道」から、5年半を過ぎ、流石にヤバい状態になってきた。

5月の車検まで何とか ・・・ snail と思っていたのだが、やはり事故ってからでは遅いので、交換することにした。当然ながら、前回同様、ネット購入で安く済ませる。moneybag

早速、215/55R17 のサイズで、1本1万数千円以下で評判の良さそうなものを価格コムで探してみたところ、

あたりが良さげである。

BluEarth RV-02はミニバン用ということもあり LE MANS4の方が静寂性は高そうであるが、

  • 2015年発売で技術が新しそう
  • ころがり抵抗とウェットグリップが揃って A評価

という点に魅かれて、今回は BluEarth RV-02 で行くことにした。

購入したのは、価格コムで最安値(私の購入時点で 送料・税込みで 1本10,800)の メールオーダーハウスさん。
webサイトは少し心配になるくらいシンプルだが、価格コムで満点評価を受けているだけあって、何の問題もなく、1週間くらいで 2015年46~49週(2か月以内)製造のものが送られてきた。

さて、タイヤをネットで購入する時に困るのが取り付けである。
前回は車検時にコバックに持ち込んで1万円以内でやってもらったが、今回はタイヤ交換だけとなる。しかし、これも、「タイヤ交換」でググって最初の方にでてくるタイヤ交換専門店 TireFitter(タイヤフィッター)の 武蔵村山店が私の自宅から比較的近いくにあることを発見 sign03

TireFitter は、持ち込みタイヤ交換専門店(一応、タイヤ販売もしているみたい)で、

  • 事前にネットで時間を予約するので、待たされることがない(予約の変更・キャンセルも無料)
  • 料金は明朗会計で 17インチだと廃タイヤ料込みで8,000円とリーズナブル(ネット割引込み。平日だとさらに1,000円安)
  • 購入したタイヤを直送して預かってもらうことも可能(無料)なので、タイヤの置き場や臭いに悩むこともない

など、タイヤをネット購入する庶民の強い味方である。

私が行ったのは、1月末のとある休日の朝。
お店は小規模で2台が作業できるくらいの広さ。入って右が待合室となっている。

TireFitter 武蔵村山店(Google ストリートビューより)
Tirefitter_2

ネット予約時間の10分前に行くと、直送しておいた RV-02が作業場に並べられて準備万端の状態となっており、着くなりすぐに交換作業が始まった。待合室でゆっくり休む間もなく15分くらいで作業が完了、お金を払ってすぐに家路へ  rvcar dash
予想以上にシンプルかつ効率的で、拍子抜けしてしまった coldsweats01

最後に BluEarth RV-02 の印象であるが・・・
今回、エコタイヤを初めて装着したが、アクセルから足を離した時の「伸び」が以前と全く異なり、スゥーと滑るような感じだ。また、(旧タイヤが寿命間近だったこともあるが)静寂性も明らかに向上しており、なかなか良い買い物であった。

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月30日 (土)

自動車保険を更新 ~ チューリッヒ から おとなの階段を上った

今年も自動車保険の更新時期がきた。
我が家の場合、ずっと以前は勤務先の関連会社が代理店をやっている東京海上の自動車保険に入っていたが、10年くらい前にチューリッヒに乗り換えた。理由は単に、当時の私の条件(運転者は30歳以上で年間走行距離5,000km未満)では安かったからである。
 
その後、再検討することなくチューリッヒで継続してきた。
幸い事故は一度も起こしていないので事故処理ではお世話にはなっていないのだが、バッテリー切れなどでロードサービスを2回ほど利用しており、その意味では非常に助かっている。
とは言え、今回、更新に当たって、久しぶりに見直すことにした。
ちなみに私の主な条件は、以下である。
  • 車は3ナンバーの普通乗用車
  • 年齢は50歳超え
  • 運転者は私と嫁さん限定
  • 年間5,000km以下
  • ゴールド免許
  • 車両保険なし
  • 個人賠償責任保険を付帯
チューリッヒから送られてきた、現状の条件のままでの提示額は2.0万円代(2.1万以下)であった。
今回は、以前からCMなどで気になっていた、セゾンのおとなの自動車保険(以下、おとな)とソニー損保の自動車保険(以下、ソニー)について、それぞれのwebサイトで見積ってみた。
オプションなどは各社で少しずつ条件が異なるが、極力揃える形で見積もってみると(現状より、補償額を少し上げたり弁護士費用特約を追加してみた)、結果は ・・・・ heart04
  • おとなが2.0万円代(2.1万以下)で一番安く、
  • チューリッヒが約2.4万円
  • ソニーが3万円超
の順となった。
予想外に差がついたが、基本部分ではこれほどの差はなく、ほとんどがオプションの個人賠償責任特約で差がついたようだ。
個人賠償責任特約は、チューリッヒでは「くらしの損害賠償特約」、ソニーでは「おりても特約」と呼ばれており、「個人賠償責任保険付きの自動車保険」というサイトに各社の「個人賠償責任特約」の特徴が整理されていて判りやすい。このサイトによると、年額が、おとなでは 約500円、チューリッヒでは 約2,430円、ソニーでは 約9,000円となっているので、先ほどの差の大部分がこれで説明できることになる。
ただ、保険会社はどこも統計的分析結果から保険額を決めているハズなので、全く同じ条件でこれほどの差がつく訳がないと思うのだが、私が少し調べた限りでは、ソニーの「おりても特約」は他2社と以下の違いがあるようだが、おとなとチューリッヒに違いがあるようには見えなかった。
  • 自分のケガや物品破損も対象(他2社は相手のケガや物品破損のみが対象)
  • 自動車保険の対象車両で出かけた時だけに限定(他2社はその限定なし)
私がこの特約を付けるのは、子供が自転車で他人にケガを負わせる場合を一番懸念しているので、ソニーより他2社の方が費用も安く条件的にも合っている。
 
ということで、今回はおとなの自動車保険で行くことにした。総額は前年とほぼ同額だが、補償を少し充実させることができた。
なお、新たに保険会社を乗り換えることになるのでキャンペーンをやっていないか調べてみたところ ・・・・
共通ポイントのポンタのサイトで 2,000ポイント還元キャンペーンをやっているのを発見 lovely 、そこから契約を行った。
 
 申込みしたポンタのページ (11月は 1,000ポイントに減額されている down
 Ponta_saison
 
でも、未だにポイントが加算される気配なし dog
 
【2013年12月7日】
本日確認したら、しっかり 2,000ポイントが加算されていた。 happy01
 
では

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

カーコンビニ倶楽部に修理を依頼してみた

先日、嫁さんより、車の左後部側面を駐車場の入口のブロック塀で擦ったとの告白があり、確認してみると、以下のように2ヶ所に傷が ・・・・ coldsweats02

 左後輪の前後に疵
 Kizu00

既に7年目の車検も終えており車両保険にも入っていないので、今さらガッツリ修理しようとは思わない。これまで何度か、ドアパンチで被弾した点状の塗装剥れをタッチアップペイントで補修したことはあるが、そのくらいの小さな疵でも上手く補修できない自分の技術では、今回の疵は到底手に負えない。
これくらいであれば修理しなくても良いかとも思ったが、完全に塗装が剥げている個所があるので、そこから錆びるのは避けたい ・・・
と言うことで、とりあえず、見積ってもらうことにした。moneybag

ググってみると、この世には、格安板金なる業者が(彼ら自身でそう名乗っている訳ではないが)いるようだ。これらの業者は、メールで見積り可、引取り無料など(実際は修理金額による制約あり)、サービスも似ている。
そこで、家から1時間程度で行けそうな格安板金業者の中から、その代表格である池内自動車さんと、その近所のa社に、以下の3枚の写真をメールで送って見積を依頼した。
実はこの時点ではBの疵に気付いていなかった coldsweats01 ので、以下に挙げる2社の見積はAの疵だけが対象である。

 写真A-1
 Kizu01

 写真A-2(拡大)
 Kizu03

 写真A-3(もっと拡大)
 Kizu02_2

どちらもスピード見積を謳っているだけあって、池内自動車さんは18分後、a社はなんと3分後 sign02 に見積メールが返ってきた。
気になる金額(消費税込み)は、池内自動車さんが 12,600円、a社は 50,000円で、何と4倍の差であった。なお、池内自動車さんは3万円以下なので持込み修理となる。

ここで、池内自動車さんにグッと心が動かされたが、念のため、近所の業者にも実際に持ち込んで見積もってもらうことにした。

なお、嫁さんが行きつけのガソリンスタンドで見積もってもらったところ、「キャンペーン期間中につき、1ヶ所1万円×3ヶ所で3万円」という非常にざっくりとした提示を受けたとのこと。
塗装修理の出来栄えは、結構業者によってばらつくので、修理を数多くやっているところの方が良い気がする。
そこですぐに思いついたのが、以前、神田うのと美川憲一がCMをやっていたカーコンビニ倶楽部。HPから店舗一覧で見ると、近所にも数件あるようだ。その中でも、たまたまクーポン情報の出ていた「国立府中インターR20号店」に行ってみることにした。
あと、もう1件、家から車で10分の修理工場(個人経営b社)にも行ってみた。

まず最初に行ったb社だが、見積をお願いすると、ツナギを来た店主(多分、社長)らしき人が気軽に対応してくれた。驚いたことに、このような個人経営の店でもちゃんとした見積システムが導入されており、パソコンでメーカー毎の専用交換部品を選択しながら見積書を作成・印刷してくれた。(従って、見積も10-15分くらいかかった。)
見積の間、店主との会話は以下の通り。

  • 擦ったのはガーニッシュと呼ばれる樹脂部品だけだから、このままでも錆びることはない
  • 修理ではなくガーニッシュを新品に交換することもできるとのことだが、安く上げるため修理を希望
  • ガーニッシュを取り外して塗装するが、その際に本体に固定しているピンは再利用できないので、その部分は専用部品代がかかる

でてきた見積もりは、作業費 26,000円、部品 3,980円 に消費税を加えて合計 31,384円。
ただし、3日程度車を預ける必要があるとのこと。

ちなみに、今回の修理対象は、リアドアガーニッシュ、リアクォータガーニッシュ(タイヤ周り部分)、リアバンパーであるが、これまでガーニッシュなる樹脂部品が取り付けられているとは知らなかった。
ガーニッシュを取り外した写真は以下のページで見ることができる。

 椿自工さんの修理例のページ
 みんカラの「Makのページ」

最後に、R20号店に行ってみた。
甲州街道沿いに大きく掲げた「板金」の看板といい、年季を感じる建物といい、カーコンビニという今風なネーミングとは似つかわしくない店構えであるが、それがかえって信頼を感じさせる。行ってから判ったのだが、ここは昭和39年設立の大府自動車というところがやっており、カーコンビニ事業以外に自動車販売や車検などもやっているようだ。

 店の概観(大府自動車のHPより)。奥の作業場は結構広そう。
 R20

甲州街道(国道20号線)から店に入るとツナギを着た元気のいい女性が出てきた。
見積もりをお願いすると、この女性が写真撮影からパソコンでの見積書作成まで1人でテキパキとやってくれた。(私の場合、後日の修理の受付から最後の支払いまで、結局この女性としか会話しなかった。)
15分くらい待たされてでてきた見積もりは以下の2案。

  1. ガーニッシュ交換で、作業費 19,016円、部品 28,400円 に消費税を加えて合計 49,787円
  2. ガーニッシュ修理で、作業費 23,256円、部品  1,000円 に消費税を加えて合計 25,469円

なお、今回、カーコンビニ倶楽部のHPから印刷した「作業費20%OFF」クーポン券を提示したので、見積もり金額は20%OFF後の金額となっている。
また、今回の修理の見積もりは、ガーニッシュは取り外さずに作業をする前提とのこと。

一旦、持ち帰り、自宅で検討してみた結果 dog

  • a社は金額的に論外
  • 池内自動車さんは噂どおりの激安であったが、正直言って安すぎて引いてしまったのと、web上にネガティブな情報も見掛けたので今回はパスとなった。ただ、web上の体験談でも、ほとんどがコストパフォーマンスが高いと評価するものなので、非常に気になる存在である。
  • b社については、職人気質だが親切な店主の印象も良く、(全くの勘ではあるが)最もこだわりをもって完璧に修理してくれそうな感じであった。ただ、今回は、2-3日車を預けなければならないのとR20号店との6千円の差に目が眩みパス。ただ、R20号店の「作業費20%OFF」がなければ、ほとんど同額でガーニッシュを取り外しての作業だったので、こちらにお願いしていたかも知れない。

ということで、今回はR20号店にお願いした。(代車をタダで出してくれたのも、お願いする最後の決め手となった。)
また、私もすっかり忘れていたが、クーポン券のもう1つの特典ということで「フロントウィンドウの撥水コーティング」も無料でやって頂いた。

土曜日の朝に預けてその日の18時に完成。

さて、肝心の出来栄えであるが ・・・ heart04
池内自動車さんに見積もり用に送った写真を再掲して修理前後で対比してみる。

 写真A-2(修理前:再掲)
 
Kizu03

 写真A-2(修理後)
 Kizu032

 写真A-3(修理前:再掲)
 
Kizu02_2

 写真A-3(修理後)
 
Kizu022

 写真B(修理前)
 Kizu04

 写真B(修理後)
 Kizu042

 全体概観(修理後)
 Kizu002

と言うことで、さすがプロ。ここに疵があったと言われて見ても、素人では全くわからないレベルの出来である。特に色合いは完璧 sign03
他業者との比較はできないが、出来上がりについては全く問題はない。また、カーコンビニ倶楽部の標準かも知れないが、作業中の(ちゃんとマスキングをしている)写真をくれるのも、ちょっとした事ではあるが良いサービスであると感じた。

では。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

府中運転免許試験場で免許を更新した

先週の日曜日、府中運転免許試験場(以下、府中試験場)で免許を更新したので、自分の備忘録も兼ねて記録しておく。(5年前にも行ったはずだが全く憶えていない ・・・ coldsweats01

私は普通の会社員なので、免許更新の場所は日曜日でもやっている府中試験場の一択である。
府中試験場は、駅近でないのと、自宅から比較的近い(車で30分くらい)ということから、私にとっては車で行く以外は考えられない。ウィキペディアによると、府中試験場には本館を挟んで西と東の2個所の無料駐車場があり、開門時間は7時30分頃、駐車台数はそれぞれ最大160台と60台とのこと。が、当然ながら皆考えることは同じなので、日曜日に、受付開始の8時30分頃に行って易々と駐車できるとは到底思えない。ググっても、何時までに行けば駐車できるのか、という情報を見つけることができず、今回は、(ウィキ情報の)開門時間 7時30分くらいに着くことを目指して家を出た。

途中の道が意外にも空いていたので(良く考えれば日曜日の早朝なので当然か ・・・ )7時15分に試験場に到着。「これは、開門までどこかで時間を潰さねば」と考えていたところ、意外にも既に門は開いており、中で誘導も行われていた。私が停めたのは大きいほうの西駐車場。この時点では、まだ入口に最も近い60台くらいの区画が丁度満杯になるところで他の区画は空だったので、少なくとも7時30分に着けば停めれないということはなさそうだ。

さて、車から降りて、受付のある本館へ向かったが、その時点ではまだ入口のドアが開いておらず、人が外に列を作っていた。人数は、私が行った7時15分過ぎで 30人、7時30分頃で 60人くらいだろうか、その頃には職員の人も出てきて 3列に並ぶように指示していた。この後、7時50分にドア開いたときには、列は150人くらいにはなっていたと思う。

と言うことで、私のように早く行く場合は外で結構待つので、時間潰しのためのアイテム(今回、私の場合は、以前の記事で紹介した PND JM-434N が活躍)に加え、冬は防寒対策は必須である。また、私が行った日は曇りであったが、雨の日はよっぽど覚悟を決めていったほうが良いと思う。(逆に空いていて狙い目かもしれないが ・・・ rain

中に入ると、あとは、職員の指示に従って、流れ作業に加わるだけである。今回は、朝一番で行ったせいか、窓口での受付、免許証の暗証番号登録、視力検査など、どの工程もほとんど待つことがなかったのは良いが、逆に息をつく暇がなく、何をどういう順番でやったのかはあまり記憶がない coldsweats02 。 全て終って時計を見るとまだ8時で、何と10分で全工程が完了していた sign02

この後は講習を残すのみであるが、私の場合、講習区分が「優良」なので講習時間は30分、「思ったより随分早く帰れそう smile 」と思いながら講習会場の別館まで行ってみると ・・・  ガ~~ン sign03  何と1回目の講習は8時50分開始とのこと、ここでも時間潰しに JM-434N が活躍した。
予定通り、講習は 9時20分に終了し、その足で免許証交付窓口へ直行、免許証は最初の本館での受付順に作成されるので、ここでも5分ほどの待ち時間で無事新しい免許証を手にすることができた。

結局、駐車場から車を出したのは9時30分くらいだと思うが、私と同じタイミングで数台が出庫しており、入れ替わりで数台が入庫していた。私が停めた西駐車場の前の道路には、(多分、規制されている為だと思うが)入庫待ちの車列は出来ていなかったので、中途半端な時間に来るよりは、この1回目の出庫タイミングに合わせてくれば(運よくタイミングがバッチリ合えば)すんなり入庫できるかも知れない。

この後、私は10時前に帰宅し、サンデージャポンに間に合った tv

最後に ・・・
駐車場の開門時間がウィキの情報(7時30分)よりも早かったり、受付開始時間が更新お知らせハガキに書いてあった時間(8時30分)よりも早かったことから考えて、これらの公称時間は平日も含めた「最低保証値」であり、日曜日は柔軟に運用しているようだ。(何せ、この日に受講した講師の話だと、府中試験場での免許更新者は、平日は1000人、日曜日は3000人とのことである。)
ただ、全ての日曜日が、今回私が記載した時間で動いているかは定かではないので、そこは注意して戴きたい。(この記事を見て日曜の早朝に行った人は、経験談をヨロシク dog

なお、無料に拘らなければ、東側に武蔵野公園の駐車場があるので、こちらであれば 8時30分に着いてもで全然大丈夫のハズである。(私は利用したことはないが、そもそも駐車場の営業開始時間が8時30分なので ・・・ )

では。

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2012年8月15日 (水)

久しぶりにお風呂と車の掃除 ~ その2 車編

お風呂編に続き、車編である。

私の車掃除の定番は、soft99 の「コートもできるクリーナー」。
液体とハンネリタイプがあり、ずっと液体を使用していたが、最近ハンネリに変えてみた。正直、効果や使い勝手に大きな差は感じられないが、ハンネリの方が乾いた時に発生する粉が少ないような気がする。どちらもオートバックスやホームセンターで800円くらいだ。

 コートもできるクリーナー ~ 液体(左)とハンネリ(右)
 Cleaner02 Cleaner01

このクリーナーを常用している理由は、クリーナー効果が高いこと。
車の色がホワイトパール系なので、バンパーなどに黒い水だれの跡が目立ってしまうのだが、カーシャンプーでは落ちないこれらの汚れも一発で落としてくれる。更に、ワックス効果も結構高く、2~3ヶ月は水はじき効果が持続する、なかなかの優れものである。good

今回初めて試してみたのが、同じく soft99 の「しっとり長持ち!革クリーナー」。

 しっとり長持ち!革クリーナー
 Carcleaning_01

私の車のシートはアイボリー色の革シートで、これまでムース状の革クリーナーを使ったことはあった。ムースを表面に擦り込むことで、何となく保護効果があるような気にはさせるが、正直言って目に見える効果は感じられないし、クリーニング効果はないに等しい。
そこで、今回たまたまwebで見かけた、この商品を使ってみることにした。
なお、この商品は カーケア用品ではなくホームケア用品に分類されている。私も、ホームセンター コーナンの住居洗剤用品のコーナーで見つけた。(値段は700円くらいだったような ・・・ )

実際に使って見ると ・・・
説明書きにあるような「タオルにスプレーして拭く」ぐらいでは、きれいにはならない。happy02
楽天の商品レビューを参考に、シートに直接スプレーし、激落ちくん(メラミンフォーム)で軽めに擦ると黒汁が浮き出てくるので、それをタオルで拭き取る。これで結構きれいになった。
コツとしては、多めにスプレーすることと、早く拭き取ること。結構汚れが落ちるので、拭きムラでまだら模様にならないように注意が必要だ。(なお、説明書を全く無視しているので自己責任でヨロシク coldsweats01

また、最近パワーウィンドウの動きが少しぎこちないので、以前の記事「パワーウィンドウが鳴いている」で紹介した WAKO'S の潤滑剤「フッソオイル105」をウエザーストリップの裏側にスプレーした。ところが、大量にスプレーしたせいか、はたまた乾く前にウィンドウを上げてしまったせいか、ウィンドウの両面に薄っすらと白いモヤがかかるようになってしまった。crying  天気の良い昼間は目立たないが、薄暗くなってくると視界が大幅悪化。
こうなると、キイロビンに頼るしかない。ウィンドウの内側にも付着しているため、ドアの内側をビニールで覆って作業した。
前回の記事では、「液は無色透明なので、ウィンドウが汚れるといった心配はほとんどいらない」と書いたのだが訂正。でも、前回書いたときに想像していたよりも効果は長続きするようで、記事を書いた2年前から、これが初めての使用である。

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月17日 (日)

アウトバックのエアコンフィルターを交換した

前回の記事「コバック車検 ふたたび」で、「近日交換した方がよいものとしてエアコンフィルターとワイパーゴムの指摘があったが、これらについては、後日、自分で交換することにした。」と書いたが、早速、エアコンフィルターを交換してみた。

まずは、フィルター選びだが、デンソーのクリーンエアフィルターと迷ったが、水洗いと天日干しすることで繰り返し使えるというエコな点に惹かれ、BLITZのハイブリッドエアコンフィルター に決めた。光に当てることで触媒が活性化し消臭機能が再生するというのは、我が家にある東芝のエアコンと同じである。(確かに、どちらも青いフィルタだが、これまで、わざわざ取り出して、光に当てた記憶がない ・・・ coldsweats01

メンテナンスの概念図(外箱の図より)
Aircon_21

今回は、楽天のカー狂(カーキチ)さん から購入。決め手は、ハイブリッドエアコンフィルターに加え、ワイパーの替えゴムの値段も手頃だったこと。moneybag
お値段は以下であった。

ハイブリッドエアコンフィルタ HA-103   2,116円
NEWING グラファイトコーティングワイパー替えゴム   60cm   378円
NEWING グラファイトコーティングワイパー替えゴム   45cm   336円
送料  840円

ハイブリッドエアコンフィルターが人気で品切れということで、10日程たってから送られてきた。

外箱
Aircon_002

フィルタの表裏
Aircon_004 Aircon_006

これが光再生触媒
Aircon_008

 
さて、これからが、実際の交換作業である。
我が愛車はスバルのレガシィアウトバックで 型式は BP9 であるが、エアコンフィルターの交換方法は 以下のサイトが参考になった。

自動車情報局: スバル・レガシィBP/BL エアコンフィルター交換/エアコン洗浄
エアコンフィルター交換ページ

以下、私のフィルター交換作業の記録である。

グローブボックスのフタを開けたところ。この奥にフィルターを装着する。

Aircon_01

今入っているのはデンソーのフィルターのようだ。すでに4年経過 ・・・ bleah
Aircon_015

サイドパネルをはずす。
記事「アウトバックの純正オーディオを交換した」で使ったエーモンのパネルはがしがここでも活躍。ただし、オーディオパネルほど固くはないので、専用の道具は必ずしも必要ない。(ツメの位置は3つ下の写真参照)

Aircon_02

はずしたところ
Aircon_03

ちなみに、ツメは上に2個所(A, B)、下に1個所(C)
Aircon_04
Aircon_05

はずしたサイドパネル
Aircon_06

Cのツメ
Aircon_065

グローブボックスのフタを引き上げているワイヤをフック(矢印部分)からはずす。

Aircon_07

グローブボックスの突起部分を矢印の方向に引張って突起を溝からはずし、フタを全開にする。

Aircon_08

グローブボックス左側の突起部分と溝
Aircon_09  Aircon_10

グローブボックスの内部
Aircon_11

ピンク部分の棚をはずす。矢印部分にツメがある。

Aircon_12

この棚をはずすのが、今回の作業で最も大変なところ。ツメが固いというよりも、ツメがはずれても、棚の両サイドが内壁と干渉してなかなか引張りだせない。正直、何度かガタガタやっているうちに出てきたという感じだ。

取り出したあと(矢印のところに棚の左右のツメが刺さっていた)
Aircon_13

取り出した棚(真上から見たところ)
Aircon_122

左右のツメ
Aircon_126  Aircon_124

棚の裏側(背面側)から見たところ
Aircon_128

フィルターケースのツメを矢印の方に押して、手前に引き抜く。

Aircon_14

引き抜いたところ。奥にファンが見える。

Aircon_17

はずしたフィルター。 かなり汚い ・・・ coldsweats02
Aircon_15  Aircon_16

新しいフィルターを装着(表とウラ)
Aircon_19  Aircon_20

先ほどと逆順に取り付けて、作業完了。

さて、次に取り出すのはいつになることやら coldsweats01

では。

【2014年9月6日追記】
8月15日に初めて取り外してみたが、さすがに2年以上経っているので、かなり汚れている。 coldsweats01

 フィルターを外した直後
 Filter_01 Filter_02

シャワーで洗ってみたが、埃がフィルターの折れ目の奥に絡まっており、また、折れ目を無理やり開こうとすると、枠との接着部が取れそうになるので、埃を完全に取り除くのは難しく、ほどほどのところでやめておいた。それでも形が少し崩れてしまったので、何回も使いまわせるものではないようだ。

水洗い後は天日干しをしたが、真夏なので数時間で乾いた。

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)