カテゴリー「食べ物」の8件の記事

2013年1月26日 (土)

Amazon で食料品を買う

私の場合、カレー好きと言うわけではないのだが、その手軽さから、週末の昼食にレトルトカレーを食べることが良くある。レトルトカレーと言っても、安価なのは100円未満から、高いものは500円近くするのだが、我が家のお気に入りは、明治の銀座カリー(中辛)である。安い商品にありがちな油っぽい味ではなく、それなりにしっかりとしたカレーらしい味であり、具材もちゃんとしている方だと思う。

我が家の近所のスーパーでは200円くらいで売られておりほとんど特売はされないが、何故かドンキでは通常でも170円くらい、特売で130円台で売られているので、特売時にまとめ買いをしていた。
この年明けにストックが切れてきたので特売はまだかと思っていたところ、偶然 Amazonで 6個 827円(1個当り138円)で販売されているのを発見。これは安い sign03

これまで Amazonは何回も利用してきたが、PCや家電関連、本ばかりで、食料品はノーマークであった。

これを機会に食料品のベストセラーを覗いてみると、ミネラルウォーターなど重量物系の飲料が売れ筋のようである。
我が家で需要があるものについては、コーヒーが結構安い。

と言うことで、今回は、以下の2つの商品をポチってみた。

 銀座カリー中辛 200g×6個 ・・・ 827円
 Amazon01

私がポチった時は、商品ページに表示された販売者は Amazom であったが、現時点(1月26日)では別の会社になっており価格も上がっている。が、右の「こちらからも買えますよ」で、Amazonから上記の価格で購入可能である。

 AGF マキシム レギュラーコーヒーちょっと贅沢な珈琲店 豊かなコクのスペシャル・ブレンド 1kg  ・・・ 938円
 
Amazon02

スーパーでコーヒーを買う場合は、だいたい 1g 1円強を目安にしている。「ちょっと贅沢な珈琲店」はスーパーで売られている代表的商品でであるが、1g 1円しないのは安い sign03

土曜深夜に注文して月曜日に到着。
梱包は、家電小物と同様で、2商品を台紙にラップで固定し、大き目の箱に入れられた状態であった。多分、食料品以外のものと同時購入した場合でも、一緒に同梱されるものと思われる。
別にそれで問題ないけど。

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

キャンドゥ買物記

100均は結構好きなのでよく行っている。
最近はあまり驚かされる商品は少ないが、先日キャンドゥで4品ほど「即買い」したので紹介する。買ったのは、立川駅北口にある立川店である。

  1. 電池
     
    何とアルカリ乾電池が10本105円。ちょっと前まで4~6本だったと思うが、10本はすごい。とりあえず、単3と単4の両方ゲット。

    Cando_00
     
  2. ストライド(ガム)
     
    何と、1個50円。多分、商品のモデルチェンジに伴う旧製品売切の一時的なものだと思うが、思わず箱買いしてしまった。coldsweats01
     
    Cando_01
     
  3. 密閉容器
     
    以前の記事「ドライボックスを買ってみた」で書いた、ドライボックスに入れる乾燥剤の保管用に4辺ロックの密閉容器を購入。その記事では、ジップロックで保管すると書いたが、やはり1ヶ月経つと、湿気を吸いマーカーがピンクに変わっていた。
    同様の容器はダイソーにも売っているが、キャンドゥのこの商品の方が、作りがしっかりしているように見えた。ただし、ジップロックとの比較も含めまだ未評価。
     
    Cando_03 Cando_02
     
    本当は、同じくキャンドゥで売っているガラス製の密閉ビン(キャニスターて言うのかも。YASUさんのブログ参照)の方が密閉度は高い気がするが、重いのと割れる危険性があることから今回は断念。
    しかし、このガラスの密閉ビンも105円というのは驚き。coldsweats02
     
  4. PLUSのフィットカットカーブ
     
    今話題の、刃先をベルヌーイカーブの形状にすることによって、刃の根元から先まで同じように切れやすくしたハサミ。定価315円の商品だが、消費税込みで200円で売っていた。以前から興味があったのでゲット。
     
    Cando_04

 

最後に話は逸れるが ・・・・・
100均が出来てからは、値段に釣られて、ハサミ、ホッチキス、電卓などは100均で購入していたが、正直いってどれも不満の残るものばかりであった。確かにどれも使えないことはないのだが、切れ味、ガタツキ、操作感など、どれもツメが甘く、使う度にイラッとくることも多い。
実はこれらの商品は、日本メーカーのもの(製造国は日本でない場合が多い)でも300円程度で売られており、そちらを買ったほうが総合的には幸せになれるということにだんだん気付いてきた。

その流れで最近買ったのが、PLUSのホッチキス「ピタヒット」 と シチズンの電卓 HDE1060。

ピタヒットは平たく綴じれることが特徴で定価315円

 Cando_05

HDE1060は手帳ケース付きで、近所のホームセンターで210円で購入

 Cando_06 Cando_07

どちらも特に機能が秀でているわけではないが、例えば綴じミスやボタンの押しミスがないなど、基本的な使い勝手の面で100均商品とは明らかに違いが感じられ、その点での無用なストレスは激減した。

では

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

通販でカニを買う(その4 そして、かなり強引に行動経済学)

その3から半年ぶりにカニを購入した。
今回も おなじみの かなはし水産だ。(実は、買ったのは1ヶ月以上前だが・・・・ )

商品は「訳あり☆本たらば【浜茹足】2.5Kg 5,980円」
 Kani20100908

そろそろカニを食べたいと思って候補を探していたのだが、期間限定品ということで結構お買い得オーラ shine がでていた。
実際、その時に かなはし水産で販売されていた 通常(?)の訳あり品のたらばは、以下のようなものだった。

「訳あり☆本たらば【浜茹足】3.0Kg 9,800円」
 Kani20100908_2

3.0Kgで9,800円という価格でも他店と比べて十分納得価格なのだが、それよりも更に安く、かつ「堅」「北海道産」と良いこと尽くめなので速攻で注文した。

それで届いたのが以下。

届いた商品
 Kani_pict

総重量は、2,650gで、(正確には数えていないが)約14肩くらいであった。想像していたより少し小ぶりではあったが、味は申し分なく、いつも通り家族で2晩で頂いた。

かなはし水産、お薦めです・・・・ good

と書いていつもであれば終わるのであるが、最近、「行動経済学」関連の本を何冊か読んだので、今回それと強引に関連付けてみる。

ウィキペディアによると、行動経済学

典型的な経済学のように経済人を前提とするのではなく、実際の人間による実験やその観察を重視し、人間がどのように選択・行動し、その結果どうなるかを究明することを目的とした経済学の総称である。

と説明されている。

私は通常の「経済学」については全くの素人であり特に興味があるわけではないが、(私が読んだ)行動経済学の本には、人が何気無く行う選択の不合理さを例示する実験結果が多数載せられており、なかなか興味深い。(私の場合、本を読んだというよりも、それらの実験結果を拾い読みしたと言った方が近いかもしれない。 coldsweats01

今回のカニの購入では、他の類似商品と比較して購入を決定したのであるが、それは(かなり強引だが)行動経済学に当てはめると「おとり効果」や「アンカリング効果」の類と言える。

「おとり効果」については、「予想どおりに不合理」という本に載っていた、雑誌「エコノミスト」の購読料の設定の例が面白かった。

予想どおりに不合理
 Yosoudoorini_3

購読料の設定は以下の通りである。

1.オンライン版の年間購読  59ドル
2.印刷版の年間購読     125ドル
3.印刷版とオンラインのセットでの年間購読  125ドル

これを見て、誰もが「この価格を設定した人はバカではないのか? 3と比較すれば、誰も2なんか選ばないだろう」と思うだろう。(実は私も思った think

それでは、2の選択肢の存在価値は何であろうか?

2をなくして、

1.オンライン版の年間購読  59ドル
3.印刷版とオンラインのセットでの年間購読  125ドル

という2つの選択肢が提示された場合と、最初の3つの選択肢が提示された場合で、(雑誌名は自分の定期購読誌に読み替えて)自分ならどれを選ぶかを考えて欲しい。

そう、2は 3にお得感を与えるための重要な要素なのだ。

また、人は選択肢の中で極端なものを避け中庸を好むという性質(極端回避性)から、2つのランクの商品を売る場合、高い方を買わせるために更に高いものをラインナップに加えれば良いという話もでてくる。

これらのノウハウは既にマーケティングに広く利用されているので、知識として知っておくと面白い発見があるかも知れない。

次回は、友野典男著の「行動経済学」について書こうと思う。(→ ココです。) 

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

通販でコーヒーを買う

以前3回ほど「通販でカニを買う」という記事を書いたのだが、私がカニ以外にもう1種類だけ、いつも通販で買っている食品がある。それがコーヒーである。

私も嫁さんも結構コーヒー好きで家でよく飲んでいる。とは言っても、コーヒー通というほどではないので、普通に、挽いた粉を買ってきてコーヒーメーカーでコーヒーをいれている。

我が家のコーヒーメーカー メリタ アロマサーモ マグ JCM-555/B
Coffeemaker

かなり以前はスーパーでパックに入ったコーヒーを買っていたのだが、5年くらい前から嫁さんが不味いと言い出し、それから数年はスターバックスのハウスブレンド(250g 1100円)を買うようにしていた。

数年は「さすがはスタバ、スーパーのコーヒーとは違う」と言って飲んでいたのだが、このデフレ時代になってからは、さすがに 1g  4.4円は結構家計にひびく。
と言うことで、今度はネット通販で探してみることにした。さすがに、ネットだけあって、ピンからキリまで色々あるのだが、いちおう以下の条件で探してみた。

  • メーカー品でなく、個人店舗で焙煎から販売までやっている
  • 値段はスタバのハウスブレンド以下(送料込み)

両方の条件を満たしているお店は、私が探した限りではそう多くなく、結局4店から順に購入して飲んでみた。
正直言って、私ごときが味にけちをつけるようなお店は1店もなかったのだが、その中で、ここ1年は、ブレンドコーヒーが私と嫁さんの口に合った たべいさんのコーヒーをリピートしている。

たべいコーヒー
http://www.tabeicoffee.com/

HPを覘いてもらえばわかるが、コーヒーの種類は十数種類。私はいつも一番安いブレンドコーヒーを買っている。(500g 1260円 別途送料は750g以上買うと関東では200円)

注文するとだいたい翌日か翌々日には届くので、スーパーやスタバで買っていた頃よりも切らすことがなくなった。
また、今時の通販としては珍しく代金後払いである。(郵便局の振込用紙が同封されているのでそれで払い込む。これはこれで少し面倒なのだが・・・・)

コーヒーはチャック付きの銀色のパックに入れられて送られてくる。
毎回、商品にはメッセージカードが添えられており、(直接お会いしたことはないのだが)たべいさんの人柄がにじみでている。

たべいさんのコーヒー

 昨年末バージョン
   Tabeicoffee1

 今年の春先バージョン
   Tabeicoffee2

皆さんも、いつものコーヒーにマンネリを感じたら試してみては?

たべいさんのコーヒー、 お薦めです。 cafe

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

通販でカニを買う(その3 訳あり毛がにをリピート)

過去、2009年5月9日の記事「通販でカニを買う」と11月19日の記事「通販でカニを買う(その2 今回はタラバとズワイの足セット)」でカニ通販の話題を取り上げたが、また購入したので簡単に報告する。

今回、買ったのは、1回目の記事と同じ かなはし水産 の「訳あり毛がに2Kgセット」。
以下に、今回のサイトの表示を載せるが、その内容といい値段といい前回とほとんど同じである。(よく見ると少し説明が変わっているのだが、それはこの記事の最後で)

Kani00

今回もボイルを指定したのだが、配送指定日の前日の昼頃にヤマト運輸の釧路営業所を通過し、翌日の午後に我が家(東京)に届いた。

届いた毛がには以下の3匹。
訳ありの理由は写真内のコメントどおりだが、自宅で食べるのであれば全く問題ない。

Kani11

Kani21

重量は、650g×2匹と700g×1匹で合計ジャスト2Kg。
活き/ボイルが選択できる商品でボイル指定をして、公称重量通りだったことは初めてである。身入り、味とも満足できるもので、家族4人で2夜に分けて頂いた。

さて、前回と今回のサイトの表示の違いであるが・・・・・

前回「大型毛蟹」 ==> 今回「大型~中型毛蟹」
前回「「堅」毛がに(1~3折れ)500~600g前後が3~4尾入」
           ==> 今回「「堅」毛がに(1~2折れ)3~4尾入」

微妙な違いであるが、毎回の仕入れ状況により修正しているのだろうか?

私の場合は、表示の内容とは逆で今回の方が大きかったのであるが・・・・・

では

【2010年10月27日追記】
また、かなはし水産で「本たらば【浜茹足】」を買ってしまった。(→ ココからどうぞ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

通販でカニを買う(その2 今回はタラバとズワイの足セット)

5月9日の記事「通販でカニを買う」でカニ通販の話を書いたが、それ以降、カニとは御無沙汰していた。昨年までと同様に今年も正月に買おうと、何となく思っていたのだが、年末が近づくにつれ、当たり前だが、カニの料金もどんどん上がっている。
前回の記事で紹介した かなはし水産の目玉商品である「カーニバルセット」もいつの間にか、6000円台から、9800円となっている。(今日見ると、なんと 、11800円になっていた sign03

そんなことを考えているうちに悪魔の誘いが・・・・
今年、かなはし水産のHPで会員登録(無料)をしたのだが、私の誕生月である11月に以下のメールが送られてきた。

◆◆ お誕生日おめでとうございます!! ◆◆

いつも、かなはし水産をご利用いただき、誠にありがとうございます。
11月XX日はToshi様のお誕生日ですね。おめでとうございます!
ささやかではございますが、かなはし水産からお誕生日ポイントをプレゼント!
この誕生日ポイントは、このメールの発信から14日間、お客様の獲得ポイントに期間限定で10ポイントが加算されます。
現在【0】ポイントの方でも、1000円の商品券に相当します。
・・・・・・

1000円は結構デカイ。
ということで、まんまと背中を押され注文した。
今回、注文したのは、以下の商品である。

Kanahashi

前回の記事でも書いたが、絶対外せないポイントは冷凍ではないこと
これまでは、姿の形で買っていたが、今回初めて足だけのセットを注文してみた。

今回も、お届け指定日の前日にボイルされたものが届いた。
残念ながら写真はない。(私が外出しているうちに届いたため、帰った時には、既に嫁さんによって5袋のビニール袋に仕訳され冷蔵庫に入れられていた。)

重さを測ってみると、3,070g。 珍しく規定重量をオーバーしている。(これまでは、規定重量より1~2割は少なかった。)
よく考えてみると、これまでは、「活き」か「ボイル」の選択可能商品でボイルを選択していたのでボイル時に重量が目減りしていたのだが、今回は、ボイルのみの商品なので規定どおりの重量が送られてきたということだと思う。

足だけで3Kgというのは結構なボリュームだ。今回も、家族4人で2晩で何とか平らげた。
これで、(誕生日割引を入れて)送料込みで5000円以下というのはお買い得だ。

私は、かなはし水産の回し者ではないが・・・・・

cancer 今回のお勧め cancer
カニ好きの人は、かなはし水産の会員登録がお勧め。
誕生日は、自分が食べたい時期にするのが吉 coldsweats01

【2010年3月6日追記】
その3「通販でカニを買う(その3 訳あり毛がにをリピート)」をアップしたので興味のある方はどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月 9日 (土)

通販でカニを買う

私は結構カニ好きである。
とは言え、「しょっちゅう食べるものではない」という感覚が昔から何となくあり、以前は年に1度くらい、スーパーでパックに入った冷凍ものを買ったりしていた。ところが、日経トレンディの2007年1月号でカニ通販の比較記事があり、「生ものを通販で買うのもアリ」「足折れなどの訳あり品がそれなりに安く買える」ということを知ってからは、年に2-3回くらいの頻度で注文するようになった。

私が買ったことがあるのは、以下の2店である。
どちらも、その時々で若干の当たり外れはあるが、個人的には概ね満足しておりリピートしている。

かなはし水産(日経トレンディで高評価)
かなはし水産は Yahoo店もある。(品揃えや値段は上と同じみたい)
マルヒラ水産(何となく良さげな気がする)

きっちりと決めているわけではないが、何となく以下の選択基準でお店を選んでいる or 今後選んで行こうと思っている。

・ (冷凍品でない)活カニを扱っている
・ 訳あり品でもよいのでお手ごろ値段
・ 北海道にあり、自社で水槽を持っている
・ ホームページがケバケバしくない

特に1番目は重要なポイントで、非冷凍品を食べだすと、もう冷凍品には戻れないくらいに味がちがうと思う。(冷凍品は塩辛く、食感も湿った感じ(?)という感覚が私にはある。)

4番目のポイントは、私の気分的な理由によるものだが、ホームページにダラダラとカニの写真や売り文句を(それもバカでかく)貼られると、店のスタンスを疑ってしまって買う気が失せてしまうのだ。(という理由で、テレビでよく紹介されているカニ通販では結構有名な マルキタ水産 には未だに手をだせないでいる。)

さて、このゴールデンウィークにもカニを買ってみた。買ったのは、かなはし水産の以下の商品である。(我が家には、カニを茹でる大きな鍋がないので茹でた状態のものを送ってもらっている。)

まずは、ホームページの商品紹介から。

毛がに2Kg 1セット(訳あり)
※ずいぶん前から 30箱限定だ。Yahoo店の同商品には限定表示はないので結構いい加減みたい coldsweats01

Kani1_4

ずわい蟹600g 1尾

Kani2_3

代金合計は、5,980 + 946 = 6,926円(送料込み)であった。

かなはし水産は釧路、私は東京であるが、配達指定日の前日に茹でて、クロネコの航空便(冷蔵便)で送られてきた。
それで届いたものが以下である。

毛がに 3尾

Kani_kegani1

Kani_kegani2_2

ずわい蟹 1尾

Kani_zuwaigani

毛がには「訳ありセット」なので、大きさや個数はおまかせなのであるが、写真のように3尾入っていた。写真を良く見ると判るが、それぞれ足が1~2本なく、これが訳ありの理由だ。
重量は、毛がにが 600g×2、500g強×1、ずわい蟹が 500g弱であった。
どちらも規定重量に達していないが、茹でると1割程度は目減りするということらしいので、まあギリギリ許容範囲内か。

身入りはなかなかよく、家族4人で2晩で平らげた。

皆さんもカニ好きであれば、カニ通販、なかなかお薦めです。cancer cancer

【2009年11月19日追記】
また、かなはし水産でカニを注文した。
興味のある人は「通販でカニを買う(その2 今回はタラバとズワイの足セット)」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水)

激安品を求めて(立川編)

私は、結構「激安」という言葉に弱い。「激安」と聞けば、必要もないのについ買ってしまう性質である。
激安という点では、どうしても通販が強い。実際、私のここ数年の大物(PC関連やビデオなど)の購入履歴を考えると、秋葉原や池袋などの店舗は一応チェックはしたものの、結局はほとんどネットで買っている。

秋葉原はメモリカードとかバッタ系の掘出物を探すために時々行っている。
池袋はヤマダを中心に家電がヤバイほど安く思わず買ってしまいそうになるが、20-30%がポイントになってしまうため、結局は思いとどまっている。私はポイントはあまり好きではなく、例えば、10,000円の売値に30%ポイントの場合「実質7,000円」という言い方には非常に違和感がある。自分的には 10,000 ÷ (1 + 0.3) = \7,692 として換算している。

ところが、最近テレビで、私の住んでいるエリア(立川~三鷹)で、家電のアウトレット店の紹介を目にするようになった。具体的には、ビックカメラ立川店アウトレットコーナージョーシンのアウトレット三鷹店である。
ここまで挑発されると、私も行かざるをえず、早速(と言ってもかなり出遅れたが)行ってみた。

正直に言うと、今、電化製品で欲しいものがなく、ほとんど眺める程度だったので、具体的な激安価格のレポートになっていないことをあらかじめお断りしておく。

立川編

立川には普段からよく買い物に行っている。当然、ビックカメラも必ず覘いてはいるが、実際に買うのは、妻のコンタクトとかおもちゃ(子供のゲームソフト)とか、電化製品以外の方が多い。
アウトレットコーナーは6階フロアの片隅にあり、あまり広くはない。テレビやPCが多い印象だ。展示処分品が多く、それぞれ個別に、箱や保証書の有無などの説明書きが付いている。上記ホームページによると、ビック特価より20~40%引きということなので、買いたい商品が決まっていて、展示品でも気にならない方は、一度覘いてみる価値があると思う。

PC関連や電化製品系ではないが、激安という意味で、立川でお気に入りの店を他に3店紹介したい。

サンドラッグ立川北口店 と OSドラッグ立川店

この2店は、立川駅北口に並んでいて日夜安値競争をしている。(この2店の値付けを見ると、本当にドラッグストアというのは大変だなと思う。)

2店を望む(向こう側の建物がJR立川駅)

Tachikawa_05_2_2

Lucido 私は、ドラッグ系は基本的にこの2店から買っているが、例えば長年定番で使っている『ルシード ヘアフォーム(スーパーハード)』なんか、両店とも常時 596円である。(ちなみに 3月21日現在、amazon では 880円、楽天の最安値で 730円であった。) その他、店頭に日替りの激安品が並んでおり、これらも見逃せない。
昨今ドラッグ店はどの駅前にも必ずあり、いつも安売りをやっている印象があるが、価格の点では立川のこの2店は1つ2つ抜けているように思う。

ハンバーグ&ステーキ 紅矢

これは、立川北口の高島屋デパートの向かい側のビルの2階にあるハンバーグ&ステーキのお店である。(お店のホームページはないので、コチラで)

このビルの2階(正面奥の小さいエレベータで上がる)

  Beniya_02  Beniya

東京多摩地区を中心に今は9店あるようだが、たしか、この立川北口店が最初ではないかと思う。
売りはもちろん安さ。ハンバーグが 500円、サーロインステーキ(180g)が 850円(当初は750円だったが値上がりした)で、ライス付きである。(普通(180g)、中盛(250g)、大盛(300g)がどれでも追加料金なしで選べる) 
あと、ヘルシーなニュージーランド産牛肉100%というのも特徴と言える。

ニュージーランド産牛肉が如何にヘルシーかという説明は 「ミート&ウール ニュージーランド」=「ニュージーランドの食肉・羊毛の振興を目的とした団体」のホームページにいろいろと書いてある。
ここに、紅矢も紹介されている。

私はどちらかと言うと味オンチなので、味についてあまり能書きを垂れるつもりはないが、脂身が少なく、他の1000円程度の激安店と比べると明らかにおいしいと感じる。私としてはこの値段であれば大満足だ。
特に、多目のバターを載せてくるあたりは、私の好みにビンゴである。(確か和風ソースも選べる。) また、ソース(醤油?)、マスタード、にんにくチップ、生にんにくなどがテーブル上に置いてあるので自由に味付けすることもできる。
私は、毎回にんにくチップを大量にかけて食べている。

にんにくチップをかけた紅矢のステーキと中盛ライス (ピンボケ失礼)

Beniya_steak

これだけ にんにくチップをかけると後が大変だ・・・・・ coldsweats02

三鷹編に続く・・・・ three chick

【2009年11月23日追記】
先日、紅矢(国立店)へ行ったところ、ステーキの値段が750円に戻っていた。貼りだしていた広告によると、当初期間限定だったが、限定解除したとのこと。
ますますお薦め taurus

| | コメント (2) | トラックバック (0)