« 右クリックで更新日時を変更する方法(インストール不要) | トップページ | 照明のスイッチを交換した »

2018年10月 8日 (月)

ウォシュレットの水がでない ・・・ 着座センサを交換した

ある日、嫁さんからウォシュレットのシャワーがでないとクレームが・・・。
見てみると、確かに「おしり」も「ビデ」のどちらのボタンも全く反応しない(何かが動いてる音も一切しない)。「ノズルそうじ」ボタンを押すとちゃんと洗浄ノズルがでてくるので、駆動系の故障ではないようだ。

我が家のウォシュレットは新築の時に設置したものなのでもう16年になる。型番は TOTO TCF2011 J1 というもので、最もベーシックなタイプである。

Toilet_sensor_001

これまでに水漏れは2回あったが、シャワーがでないのは初めてである。参考までに、過去の故障は以下の記事に書いた。
pencil トイレの水漏れ観察記 - 整流スポンジの交換
pencil ウォシュレットの水漏れを修理してみた - 給水フィルターの交換

シャワーがでない症例をググってみると、着座センサーが怪しい気がしてきた。
【参考記事】
pencil 工作のページ(DIY) の2015/11/14の記事
pencil TOTOウォシュレットTCF313 着座センサー修理

着座センサーというのは、ボタンが配置されているアーム部分の内側についている黒い部品で、人が座っていることを検知するものである。ウォシュレットの初期型はこのセンサーが付いておらず、座っていないときにボタンを押してシャワーで水浸しになることがあったようだ。裏返せば、この部品が故障して着座を検知しなくなると、ボタンを押しても反応しないことになる。
参考記事にも記載されている通り、この着座センサーは TCH623R という交換部品が販売されており、私も 住器プラザ さんで 1150円+送料300円で購入した。
実は発注した後しばらく(半日程度)電源コンセントを抜いていたところ自然復活したのだが、その後も、電源コンセントを挿したままで、故障と復活を数日おきに繰り返したので、結局交換することにした。

以下、私の交換記録である。

  • これを機会に掃除はしたものの、16年間の汚れでかなりエグイ画像になっているので注意。あまりにひどいところはボカシを入れている。coldsweats01
  • ウォシュレット本体の取外しまでは取扱説明書に記載されているので、それも参考にした方が判りやすい。(手元になければ「型番 取扱説明書」でググると多分見つかるハズ。参考までに私の機種は ココ(pdfが開く)にあった。)
  • 作業中はボロボロと汚れが床に落ちるので、あらかじめ床に新聞紙などを敷いておくことをお勧めする。

 
◆部品到着

箱の中には、黒いビニル袋に入った本体、取付説明書、両面テープ、結束バンド、ビニル袋の中には、本体とセンサ固定用のプラスチック部品が入っていた。説明書は、表面に両面テープの貼り方、裏面に結束バンドの留め方が記載されているが、特に裏面は写真が粗くて何が言いたいのか全く判らない。sad

Toilet_sensor_002

Toilet_sensor_003

ビニル袋の中
Toilet_sensor_004

 
 
◆ウォシュレット本体の取外し

正面から見て右側面にあるボタンを押しながら本体を手前にスライドさせると、ベースプレートから外れて簡単に取り外せる。本体背面に余裕ができたところで、背面の左右2つのネジを外しておく。

ボタン(黄色い矢印)と背面のネジ(赤丸)
Toilet_sensor_005

手前にスライドさせるとベースプレートが見える
Toilet_sensor_006

作業がしやすいように、便座とふたを取り外しておく。
なお、本体には給水ホース、便座には電源コードが繋がっているので、それに無理な力がかからないように気を付ける必要がある。

ヒンジ部のカバーを上に回転させると取り外せる
Toilet_sensor_008

Toilet_sensor_009

 
◆本体のカバー外し

本体を立てて下面を見ると3ヵ所穴が見えるので、そこにドライバを差し込んで上面のカバーを取り外す。実はこれが結構大変で、思い切ってグリグリしないと外れない。

Toilet_sensor_007

カバーを外したところ
Toilet_sensor_010

 
◆着座センサーの取外し

先に新旧の着座センサーの写真を載せておく。

Toilet_sensor_014

旧の方は、着座センサー本体に信号端子を受けるメス端子が付いているが、新の方は本体から長いケーブルがでており、その先がメス端子になっている。また新旧とも側面の両端にアーム(写真の赤矢印)がでており、それでウォシュレット本体に固定されている。

それでは作業に戻る。

まず着座センサーに刺さっているオス端子を引き抜く。

Toilet_sensor_011

着座センサー両端のアームを押さえながら外方向に引き抜く。もし、プラスチック部品で固定されていれば先にそれを引き抜く必要がある。私の機種の場合、両面テープやプラスチック部品で固定されてはいなかったので、アームに指が届かなくても、外側からスキマに細いドライバーを差し込めば(少しキズはつくが)簡単に取り外せた。

Toilet_sensor_012

Toilet_sensor_013

 
◆着座センサーの取り付け

水の侵入を防ぐ目的と思われるが、新しいセンサーには穴の周囲部分(着座センサーが本体と接触する部分)の形をした両面テープが付属している。まず、片面を剥がしてから外側から貼り付ける。台紙は台形の形をしているが、両面テープは周囲部分のみである。

Toilet_sensor_015

しばらくして、(両面テープが台紙と一緒に剥がれないように気を付けながら)台紙を剥がした後、外側から台座センサーを入れていく。穴の大きさがギリギリなのと、上側の回路を覆っているビニール製のカバーに干渉するので、カバーを指で押さえながらゆっくりやった方がよい。

Toilet_sensor_016

Toilet_sensor_017

完全に挿入できたら付属のプラスチック部品を下から挿し込んで固定する(下の写真の赤矢印)。最後にケーブルを接続し、余ったケーブルを付属の結束バンドで適当に結束、あとは今までと逆の手順で組み上げて完了である。

Toilet_sensor_018_2

 

冒頭にも書いたように、交換前でも調子のよいときもあったので、完全に復活したのか(着座センサーが原因だったのか)は100%確定したわけではないが、とりあえず1週間は正常に動作している。

今回、初めてウォシュレット本体を外してみたのだが、思ったより簡単であった。ウォシュレット(一般的には洗浄便座)は 価格コムで1万円台からあるので、万が一直っていなかった場合は本体ごと交換しようと思う。

では。

|

« 右クリックで更新日時を変更する方法(インストール不要) | トップページ | 照明のスイッチを交換した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533640/67251534

この記事へのトラックバック一覧です: ウォシュレットの水がでない ・・・ 着座センサを交換した:

« 右クリックで更新日時を変更する方法(インストール不要) | トップページ | 照明のスイッチを交換した »