« 耐震ジェルパッドをはがしてみた | トップページ | USB3.0不安定問題 その2 ~ ハブを買ってみた »

2015年10月12日 (月)

USB3.0不安定問題 その1 ~ 増設ボードを買ってみた

2014年8月の記事「HDCA-UT2.0のHDD換装と前面USB3.0ポートの不調問題」で、デスクトップPCの前面のUSB3.0のポートが不安定ということを書いたが、その後動きがあったのでまとめてみた。

「不安定」というのは、USB3.0の外付けHDDを接続した際に、ケース背面のマザーボード直結のUSB3.0ポートに接続すると問題なく動作するが、ケース前面または上面のUSB3.0ポートに接続するとHDDを認識しないというものだ。(うまく認識することもあるのがこの問題の厄介なところである。)

以前の記事でも書いたが、私の環境では、背面以外に

の2つのUSB3.0ポートがある。一方、マザーボードの19pinの内部USB3.0コネクタは1つしかないので、通常は前面に接続しているのだが、前述の「不安定問題」はいずれに接続しても発生していたので、内部コネクタ自体が怪しいと推測していた。

しかし、多分、今年(2015年)の夏に

  • BIOSを「H87-PRO BIOS 2104」
  • チップセットを「Intel_Chipset_Win7-8_8-1_VER9401026」

にそれぞれドライバをバージョンしてからだと思うが、前面ポートに接続しても毎回認識できるようになった。ベンチマークを取ってもUSB3.0の速度がでている。一旦、これで解決したが、正直なところ、前面ポート(マザーボードの内部コネクタ)は今一つ信用できないという気持ちが残っていた。think cloud

そんな思いが片隅に残っていたある日、秋葉原をぶらっと廻っていたとき、U&J Macs 本店という店の店頭のジャンクかごの中に、外部と内部にUSB3.0ポートが付いた増設ボードを発見。スマホで型番を調べてみると、何と価格comのインターフェイスカードランキングで第一位(9月当時)の「AREA Over Fender R(SD-PEU3R-2E2IL)」であった。箱や付属品は一切なくビニール袋に入れられた状態で売られており、かごには「ジャンクにつき動作保証なし」と書かれていたが、消費税込みで480円なので思わず買ってしまった。 heart04

帰宅してから、いろいろ確認してみた。
商品の外観は特に損傷しているような個所は見られない。正規品ではドライバCDやロープロファイルブラケットが付属するようだが、ドライバはメーカのサイトからダウンロードできるので問題ない。

 ビニール袋に入れて売られている
 Usb3_01

 チップは ルネサス D720201
 Usb3_02

さっそく、PCに装着してみた。

 SATA電源が必要なので注意
  Usb3_03

電源を入れると自動で認識(ちなみにOSは Windows8.1 64bit)

 デバイスマネジャーに Microsoft製のルネサスドライバ(2015/4/9版)が出現
 Usb3_04

次に、メーカ(AREA)のサイトからダウンロードしたドライバを入れてみた。

 ルネサス製のドライバに変わった
 
Usb3_05

こちらは ルネサス製だが、2012/5/10版とMicrosoft製より古い。

早速、USB3.0対応の外付けハードディスクケース 黒角 に、余っているハードディスク WD30EURX を入れてベンチマークをとってみた。
ちなみに、このWD30EURXは中古で買ったAV対応のハードディスクであるが、本来の仕様は SATA600 のハズが、何故か SATA150 でしか認識しない weep (このベントマークでも速度がいまいちなのはそのためかも知れない)。ネットで EURXの CrystalDiskInfo の画像を拾ってみると 同じく SATA150と表示されているものもあるので、このような劣化版が流通しているのかも知れない。

 測定結果:Microsoft製(左)とルネサス製(右)
 
Usb3_07 Usb3_06

見ての通り、Microsoft製の方が明らかに高速である。この理由は、Microssoft製のドライバが USAPに対応しているためと思われる。

 ASUSのマザボ付属のツール USB 3.0 Boost で UASP接続を確認
 
Usb3_08

ちなみに メーカ(AREA)では、Over Fender Rは UASP対応とは言っていない。
同じメーカー製で同じチップを使っている 4 WING 2(SD-PEU3R-4E)というUSB3.0増設ボードでは、「OS標準ドライバ使用で UASP対応」としているので、何が違うのかよく判らないが、何か得した気分である。

最後に ・・・
今回うまくいったことに気をよくして、後日、また U&J Macs 本店に行って ジャンクかごを漁ってみた。
ざっと50枚程度で数が多いわけではないが、バラエティに富んでおり,、宝探し気分でなかなか面白い。
そして、買ったのが以下の2枚の AREA製のSATA3.0/eSATA 増設ボード である。(どれも 480円均一)

one AREA TWIN TURBO HYBRID TYPE.B(SD-PESA3ES2L)

 どれも同じビニール袋に入っている
 Usb3_09

バックパネルに2つのeSATA、内部に2つのSATAポートがついており、このうち2つをジャンパで選ぶ仕様である。

 裏面には型番シール
 Usb3_10

 チップは asmedia ASM1061 部品が1ヶ所破損(赤丸部)
 Usb3_11

 
two AREA TTH Quattro(SD-PE4SA3ES4L)

 さて、クイズです。1ヶ所、変なところがあります
 Usb3_12

このボードは、バックパネルに2つのeSATA、内部に4つのSATAポートを備えており、このうち4つをジャンパで選ぶ仕様である。

 裏面には型番シール
 Usb3_13

 クイズの答え:eSATAポートが1ヶ所欠損しています
 
Usb3_14

Over Fender Rと異なり、今回のものは2つとも一部が破損しているが、使用にあたって問題になるものではなさそうだ。(AREA TTH Quattro も6ポート中4ポートを選択可能なので欠損ポートを除外すればよい。)

実は、買ってはみたものの、現時点で SATAポートは足りているので、まだ実際に使えるかは試していない。
気が向いてテストしたら、また報告する。

10月に入ってもジャンクボードはまだかなりあったので、興味のある人は、U&J Macs 本店(2号店の plus店 にもあり)へどうぞ。

では。

その2 ~ ハブを買ってみた」に続く。

 
【2015年12月31日追記】
AREA TTH Quattroの実戦配備を完了した。興味のある方は「余剰部品を活用した ~ Orico 1105SS と AREA TTH Quattro」へ

|

« 耐震ジェルパッドをはがしてみた | トップページ | USB3.0不安定問題 その2 ~ ハブを買ってみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533640/62456835

この記事へのトラックバック一覧です: USB3.0不安定問題 その1 ~ 増設ボードを買ってみた:

« 耐震ジェルパッドをはがしてみた | トップページ | USB3.0不安定問題 その2 ~ ハブを買ってみた »