« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月の記事

2013年12月31日 (火)

壊れたSDカードからデータを復元した

昨日アップした、記事「ユニットバスの換気扇の異音に対処してみた」に書いた作業においてその事件は起こった。
作業が終わり、デジカメに撮り溜めた写真をPCに取り込もうとカードリーダに挿し込んだところ、何と「フォーマットしますか?」と聞いてくる。あれっと思って何度かやり直したが全く同じ反応だ。不安に駆られながらデジカメに挿しても、やっぱり「フォーマットしますか?」の反応が ・・・   ガ~~~ン  
4~50枚撮った写真が全て台無しだ、と一瞬頭が真っ白になってしまった。

その後、少し冷静さを取り戻し、webで「SDカード 復元」などでググったところ、フリーの復元ソフトもあるようだ。
なお、SDカードを挿し込んだときに「ディスクを挿入してください」ではなく、今回のように「フォーマットしますか?」と聞いてくるのは、まだカードが認識されているという意味で期待が持てるとのこと。

気を取り直し、早速、ソフトの紹介記事を見て復元能力が高そうなフリーソフトをいくつか試してみた。間違って削除したデータを復元するソフトは多いが、今回のように壊れた(管理情報がおかしくなった)媒体から復元できるソフトは多くないようだ。
その結果、以下の2つのソフトで全ての画像が復元できた  生きててよかった~~ 

  1. PhotoRec
    オープンソースで開発されているフリーソフト。コマンドベースなのでお世辞にも使いやすいと言えず日本語化もされていないため、紹介記事とにらめっこしながら復元する必要あり。ファイル名は復元できないが、更新日時は復元できた。
     
    紹介記事:GIGAZINEパソコントラブルと自己解決フロムスリー
     
  2. Zero Assumption Recovery(ZAR)
    有償のソフトであるが、イメージ画像の復元はフリーでできる。(制限付きだが、イメージ画像以外も復元できるとの報告もあり。) PhotoRecとは異なりウィンドウベースのツールであるが、日本語化されていないのと直感的なインターフェイスでないため、これも紹介記事を参考にしながら操作する必要がある。なお、ファイル名、更新日時とも復元されなかった。(更新日時は復旧日時となる)
    なお、私の今回の例では、画像の復元能力という意味では、PhotoRecと同じであった。
     
    紹介記事:フリーソフト,Windows PC活用情報局Way2Goイケてる、モノ・コトフリーソフト100

上記ソフトを作成・公開している皆様、また使い方を紹介している皆様に感謝です。

では。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年12月30日 (月)

ユニットバスの換気扇の異音に対処してみた

我が家のユニットバスの天井に付いている換気扇から、半年くらい前から異音がするようになった。最初は日によってはうるさく感じる程度であったが、最近は常時かなり大きな音がしている
嫁さんからも「火事になる」と脅され、ついに重い腰を上げることにした。

中央の大きな四角が点検口
Bath_01

webで検索してみると、換気扇を自分で交換した人の記事が結構見つかる。思ったより簡単そうなので自分でもできそうな気がしてきた。

天井用の換気扇を選ぶときには、排気ダクトの直径、取付枠のサイズ(ユニットバスでは天井の穴のサイズに相当)を現在と同じものにする必要がある。
家を建てたときに工務店からもらった説明書の束を探してみると、換気扇の説明書もあった。ユニットバスのメーカーはトステムだったのだが、換気扇はOEMらしくメーカー名の記載はない。
換気扇のルーバーをはずすと「高須産業 RGAZ-002A」と書かれたシールが貼ってあった。webで見てみると 高須産業というのは換気製品に特化したメーカで今も健在であった。

ルーバーを引き下げたところ。本体は4本のネジで天井に固定。
Bath_02

説明書によると、RGAZ-002Aは ダクト径 100mm、取付枠が 175×175mmである。

早速、交換用の換気扇をwebで探して、以下の候補に絞った。(リンク先と価格は、私が調べた12月20日頃の最安値。+以下は東京への送料)

10年前の RGAZ-002A に比べると、どれも 消費電力、騒音とも格段と向上している。その中でも、価格と amazonでの人気から考えて Panasonic FY-17C7 が良さそうだ。
ただ、気になったのが、以下の3点である。

  • Panasonic FY-17C7 は天井面から上の高さが185mmあり、RGAZ-002Aの 170mmより高い。微妙な差だが、天井裏の余裕を確認する必要がある。
  • Panasonicの2製品の取付枠のサイズは 177×177mm で微妙に大きい。万が一入らなかった場合は、天井を加工する必要があるので出来れば避けたい。
  • Panasonic FY-17C6Uはユニットバス用となっており、湿気が天井裏に漏れることを防ぐためのパッキンが付属している。と言うことは他の製品はユニットバスに付けてよいのか不安になってきた。

結局、最後の点は、上に載せた交換体験者の誰も問題にしていないこと、現行の RGAZ-002Aにもパッキンは施工していないことから気にしないこととし、最初の2点は、現行の換気扇を外して実際の寸法を確認することにした。

翌日、取り外し作業を開始。
昨日は交換前提で考えていたが、注油での修理も念頭に進めることにした。

まず、天井の点検口を開けて天井裏を覗いてみた。
当たり前だが昼間でも照明が必要だ。私の場合は、記事「LEDランタンを米amazonから購入してみた」で買っておいたLEDランタンが活躍した。

本体とダクト
Bath_03 Bath_04

昨日気にしていた天井裏の高さは全く問題のないことが判明。
本体とダクトを留めてあるアルミテープを剥がした後、天井に固定している4本のネジをはずして、本体を下方(バスルーム側)に取り外した。
天井の穴のサイズは実測で178×180mm。これなら Panasonic製品でも問題なく取付可能と思われる。

取り外したところ
Bath_05

本体。木工くずが積もっていた・・・
Bath_06

下面側(カバーを外したところ)
Bath_072

写真のようにファンに、油が染みたような10年分の埃が溜まっていた。作業中にこの埃が床面に散乱するので、事前に風呂の床全面にビニールなどを敷いておくことをお勧めする。

交換するのであれば、古い換気扇はこのまま廃棄するだけであるが、まだ新しい換気扇を購入していないので、ダメ元で分解して修理を試みることにした。

このファンはモータの軸に直付けされているのだが、実は今回の分解で最も時間のかかったのがこの取り外しである。写真で見ると、軸の先端はマイナスネジの頭のように見えるが、ファンと一体のプラスチック素材でできており、ドライバを差し込んで廻せるものではないようだ。
良く見ると、軸の先端から10mmくらいのところにらせん状の金属製の「輪っか」が取り付けられており、これで抜けないように締めていると思われる。この「輪っか」と20~30分くらい格闘し、結局、IPSのソフトタッチプライヤで挟んで廻しながら引っぱることで、やっと抜くことができた。

本体上部のカバーを開けたところ
Bath_08

電源コードは本体に直付けされており、本体を取替える場合はコードを切断するのが手っ取り早そうだ。
写真の丸印の2つのネジをはずすとモータのロータを取り外せた。

ロータの除去後(写真右側のダクト接続口は取り外してある)
Bath_09

取り外したロータ
Bath_10

手で廻してみると下側のベアリングの動きが固くなっており、これが異音の原因と思われる。
幸い壊れてはいないようなので、手で回転させながらグリースメイトを塗布。(間違っても 5-56は不可
動きが滑らかになり、何となく行けそうな予感

上から、ロータ、グリースメイト、ソフトタッチプライヤ
Bath_11

ついでに、10年分の埃も掃除してピカピカに
Bath_12

取り外しと逆順で本体を天井に固定し、最後に 3Mのダクトシールテープ(近所のホームセンターで500円くらいで購入)でダクトを接続。天井面より上に顔だけだした状態で、ダクトの下側の狭いスペースを通して綺麗にテープを巻くのは思った以上に難しい。
ダクト接続口を本体から外した状態でテープを巻き、後で本体に取り付ければ楽だったかも、と後で気付いた ・・・

3Mダクトシールテープを使って取付け完了
Bath_13 Bath_14

それでも何とか作業完了。とりあえず異音も治まってめでたしめでたし。
グリースの効果がいつまで持続するか不明だが、Panasonicの製品にも交換できることが判ったので一安心だ。

では。

 
【2020年7月25日追記】
最近、また時々異音がするようになった。
前回交換した時ほどではなく、日によって異音が発生しないときもあるくらいだが、どうせ近いうちに対処が必要になるので、真夏が来る前に、前回と同じやり方で注油した。
結果的に、

  • 使い始めから前回の1回目の注油までが約11年
  • それから今回の注油まで約7年

ということになる。
今回は前回と異なり、換気扇を固定しているネジを外したあと、ダクト接続口はユニットバスの天井に残したまま、換気扇本体のみを下側に取り外すことによって、ダクトには一切手をつけずに済ませた。

 天井裏での取り付け状態
Bathroom_fan_001_20200725183301

本体を下方に取り外した状態
Bathroom_fan_002_20200725183901

天井にダクト接続口の下面が見える(ネジ穴にネジはなし)
Bathroom_fan_003_20200725183301  

正しい施工では、ダクト接続口も下方からネジで天井に固定されているハズであるが、我が家の場合は省略しているようだ (苦笑)🐶

では。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »