« ドライボックスを買ってみた | トップページ | REGZA から RECBOX へのダビングができなくなった!! »

2012年8月19日 (日)

70cmの折りたたみ傘、ふたたび

過去2回の記事で、Waterfront の 70cmの折りたたみ傘について書いた。

Waterfront の傘

Waterfront の傘(その2 壊れたので修理してみた)

2回目の記事で書いたように修理して使っていたのだが、その傘が最近ついに完全に壊れてしまった。

経緯を話すと、使っているうちに少しずつ臭ってきたのが発端である。これは、製品が問題というよりも、会社への行きで使ったときに、帰るまで濡れたまま鞄の中のビニール袋に入れっぱなしにしているような使い方に問題があったのだと思う。
一度、石鹸で洗ってみたのだが、あまり臭いはとれなかった。そこで、半年くらい前に、重曹水に1日くらいつけておいたところ、効果てきめん、一発で臭いがとれてしまった。この時は重曹パワーに感心したのだが、思わぬ副作用が ・・・ coldsweats02

重曹づけ後はよく洗ったつもりだったのだが、その後、折りたたみ傘の中棒(中心の伸縮する芯棒のこと)の伸び縮みが、ひっかるような感じで固くなってしまった。その状態でしばらく使っていたのだが、ある時、力をいれて縮めた時に少し衝撃があったと思ったら、それ以降、伸びた状態で固定できなくなってしまった。すなわち、伸ばしてもすぐに自重で縮んでしまう状態だ。
手で支えながら何度か使用したが、荷物がある時などはさすがに辛い。ということで、結局、買い換えることにした。買ってから3年使用できたので、値段(1,000円)と使い勝手を考えれば、十分満足である。(ちなみに、正しくは、伸縮が固くなった時点で、クレ5-56のような潤滑剤で対処しておくべきであった ・・・反省 leo

さて、当然ながら、新しい傘も70cm以上の折りたたみ傘がターゲットである。ざっと、webで検索してみたが、コストパフォーマンスで考えると、前と同じ Waterfront の傘がベストのようである。
通販では送料がかかるので(後述のヌウボーでは 640円sign03)、以前見かけた府中のホームセンター島忠や、Waterfront の傘を置いていそうな駅ビルの雑貨屋などを探してみたが、Waterfront の他の傘はあるのだが、目当ての 70cmの折りたたみ傘は見つからない。

仕方なく前回購入した ヌウボー(NOUVEAU) 新宿ペペ店へ行ってみた。
ヌウボーは「Waterfrontの傘」でググると先頭に「シューズセレクション/ウォーターフロント 折りたたみ傘ショップ」と表示されるページを出しているくらい Waterfrontの傘には力を入れているようだし、オンラインショップにも掲載されていたので、さすがに置いているだろうと思ったのだが ・・・甘かった ・・・ punch wobbly 
店員さんによるとメーカー欠品とのこと。(約1ヶ月前の 2012年7月中旬の話なので今はあるかも知れない)

この状態ではいつ入ってくるか判らないし、1,000円の傘のために何度もお店に確認の電話をするのも恥ずかしい。かと言って、私の場合、新宿は通過駅なので、たびたび店頭を覘くこともできない ・・・
どうしようかと考えながら、ふらっと寄ったドンキで偶然、70cmの折りたたみ傘を発見。値段は 2,290円なので Waterfrontの倍以上であるが思わず買ってしまった。

 ブランド名は Gae bolg ~ webで検索したが全く引っかからない coldsweats01
 Umbrella_00

早速、Waterfrontの傘と比較してみた。

 2つの傘の比較(左が Gae bolg、右が Waterfront)
 Umbrella_04

サイズはほとんど同じである。バンドは Waterfrontの方が幅が広く丈夫そう。

 傘の内側(上がWaterfront、下がGae bolg)
 Umbrella_01

 Umbrella_02

親骨を支える受け骨の構造はそっくり。この構造は、3段の折りたたみ傘の定番のようだ → 参考:仲屋商店さんのページ
親骨の数は、Waterfrontは7本、Gae bolgは8本で、この点では Gae bolgの勝ち。
更に、ヌウボーのサイトの写真や「メーカー提供の動画」を見ると、Waterfrontの傘の親骨数が6本になっている sign02 coldsweats02  さすがに、70cmで親骨6本は強度的にどうよ、って感じがするのだが ・・・

 Waterfrontの傘の故障個所
 Umbrella_03

写真でわかるうように、中棒を固定できなくなったのは、固定位置で留める役割の「球状の留め金」が脱落したからである。(正確には、留め金が脱落したのではなく、外に押し出すバネが壊れ中に引っ込んだままになった)
ちなみに、Gae bolgの傘では、その部分は球状ではなく三角形状となっている。

 Gae bolgの留め金
 Umbrella_05

また、WaterfrontもGae bolgも中棒は3段伸縮、すなわち、3本の径の異なる棒で構成されており細い棒が太い簿の内側に差し込まれるようになっているが、面白いことに、Waterfrontは 傘の先端側の棒が最も太いのに対し、Gae bolgでは逆に取っ手側の棒が最も太くなっている。
先に紹介した仲屋商店さんのサイトの図は Gae bolgと同じなのだが、どちらが良いのかよくわからない。

Gae bolgの傘は、まだ2、3回使用した程度だが、今のところ特に問題はない ・・・ 当たり前か coldsweats01

では。

【2015年7月5日追記】
その後、Gae bolgの傘も壊れた。
興味のある方は「70cmの折りたたみ傘、みたび ~丈夫な傘を求めて~」へ。

|

« ドライボックスを買ってみた | トップページ | REGZA から RECBOX へのダビングができなくなった!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533640/55458835

この記事へのトラックバック一覧です: 70cmの折りたたみ傘、ふたたび:

« ドライボックスを買ってみた | トップページ | REGZA から RECBOX へのダビングができなくなった!! »