« トイレの水漏れ観察記(笑) ~調査編~ | トップページ | アウトバックの純正オーディオを交換した ~準備編~ »

2012年5月 3日 (木)

トイレの水漏れ観察記(笑) ~解決編~

調査編に続き、解決編である。

結論から言うと、今回の水漏れの原因はタンクの上の陶器製のふたの下面についている「整流スポンジ」の劣化であった。

 ふたの下面 ・・・ スポンジは交換後の新しいもの
 Toilet_10

 整流スポンジ拡大写真
 Toilet_11

 ふたを開けたところ ・・・ 陶器タンクの中に樹脂タンクの二重構造 sign03
 Toilet_06

 Toilet_07

写真のように、手洗ノズルからでた水は、ふたの中央の穴を通って樹脂タンク内へ流れ込むようになっている。整流スポンジは、その穴の周りを被って水が穴から溢れないようにする役目だと思うが、今回、スポンジが劣化し引き伸ばされてタンクの穴を塞いだ為、水が樹脂タンクの上面から溢れて、外側の陶器タンクとの間に流れ落ちていたのが原因だった。(陶器タンクの底面には、樹脂ナットを留めるボルトを通す穴などが開いているため、そこから水が漏れていたのだ。)

嫁さん曰く、ふたを開けたら、変形したスポンジがベロンと舌状になって下の穴を塞いでいたとのこと。私はその状態を見たわけではないので、この表現がどこまで正しいのかよく判らないが、とにかく素人でも一目で異常とわかる状態だったらしい。陶器のふたの穴には芳香剤の足を挿していたのだが、その足にもスポンジが絡まっていたらしい。(ここまでくると、スライム状の怪物を想像してしまう ・・・ coldsweats01

今回、施工説明書は見ていたものの、何となく陶器タンクの中は水で満たされているという先入観があり、水漏れ原因はパッキンからの水漏れしかないと決め込んでしまっていた。やはり、現物を実際に見てみる(今回であればふたを取ってみる)という、一手間を惜しんでしまったのが今回の反省点である。

せっかくオッサンが置いて行ってくれたので、取り外した部品の写真も載せておく。

 問題の整流スポンジ ・・・ 小さくなっているが弾力はあった
 Toilet_12

 パッキン ・・・ 消耗品なので、これもついでに換えてもらった
 Toilet_13

それにしても、少し解せないのが、この整流スポンジという部品。何故このような常時濡れる場所に、スポンジのような劣化しやすい素材を使っているのだろうか? 単純に樹脂の管でタンクの中に流し込めばよいと思うのだが ・・・ 理解に苦しむ。

【2012年9月2日追記】
【2015年6月21日修正】
カシュオ様によると(コメント参照)、整流スポンジは廃番となり、「整流ジャバラ」という対策品になったということ。確かに、以下のONLINE JPのリンクも、整流スポンジから整流ジャバラに変わっている  確かに、通販サイト「管材住設の辻村」さんの「整流ジャバラ」のページには以下の記載がある。

TOTOの便器用タンクの補修部品です。手洗い付きタンクの蓋の内側には、整流スポンジがついており、本来はその穴を通ってタンク内に手洗いの水が落ちるのですが、このスポンジが劣化すると、タンクの蓋の裏を伝わって蓋とタンク本体の隙間から外部へ水漏れを起こします。タンクの外面を更に伝わって、密結ボルトから滴り落ちるので、密結ボルトのパッキン不良と勘違いする場合がありますが、上記スポンジ劣化が原因となる場合が多く、交換により改善されます。
従来は、補修用に全く同じスポンジを供給していましたが、数年で同じ症状がでることから、TOTOではタンクの内部樹脂カバー側にジャバラを取り付けて受けるように改善した部品でございます。
そのためスポンジの部品の不良交換は、今ではこのジャバラが代替補修部品となります。

カシュオ様のHPに写真があるが、結構「やっつけ」的な部品です coldsweats01

 
ちなみに、これらの部品はネットでも購入できるようなので、もし同じ症状であれば自分で対応可能と思われる。(もちろん、自己責任で。 交換部品の型番はタンクによって異なるので注意)

整流スポンジ(型番 HH11028R) 改め 整流ジャバラ(型番 HH11028S)
                  → 辻村 550円(送料込み)

パッキン(型番 HH08007R) → 辻村 578円(送料込み)

また、TOTOのHPの「購入店のご紹介」というページで紹介されている、水彩ショップやTOTOパーツセンターでも購入できるようなので、まずそちらに確認した方が良いかも知れない。(パーツセンターは、電話、Webが可だが、税込10,800円未満は送料が540円かかるので、小物の場合は「管材住設の辻村」さんがお勧め)

参考までに今回請求された費用は1万円弱で、内訳は、部品代が2つで 1,000円弱、残りは技術料と訪問料金であった。(でも予想していたよりはリーズナブル happy01

では。

【2013年9月16日追記】
整流ジャバラとパッキンを購入できる通販サイトのリンクと金額を更新した。

【2015年6月21日追記】
今度は別の個所(給水フィルター)から水漏れした。
その対応については「ウォシュレットの水漏れを修理してみた ~給水フィルター編~」を参照。
また、記事中の通販サイトのリンクと金額を更新し、一部内容を修正した。

|

« トイレの水漏れ観察記(笑) ~調査編~ | トップページ | アウトバックの純正オーディオを交換した ~準備編~ »

コメント

はじめまして。
この度、我が家のトイレも全く同じ不具合に陥り、
様々なネット検索の末、こちらの記事に辿り着き、
お蔭様で自力で修復することができました!(大感謝)
なお、この「整流スポンジ」は現在廃盤となっており、
「整流ジャバラ」という対策品に仕様変更となった模様です。
よろしければ私の下記記事ご参照くださいませ。
http://showz.m13.coreserver.jp/familizoom-zoom/2012/08/post-313.html

投稿: カシュオ | 2012年8月30日 (木) 10時44分

カシュオ様

Toshiです。
コメントいただき、ありがとうございました。
私の記事が参考になったということで、書いた甲斐がありました。

「整流ジャバラ」ですか・・・
確かに素材はスポンジより良さげな感じですが、あの場所に消耗品が必要というのは、そもそも設計がおかしいような気がするのですが。

カシュオ様の記事も読ませていただきました。
TOTO Webショップや水彩工房など、私の知らなかった情報もあり、大変参考になりました。
早速、記事にも反映させていただきました。

ありがとうございました。

投稿: Toshi | 2012年9月 2日 (日) 20時22分

素晴らしい記事です!!!同じ症状で水漏れ、WEBでこの記事を発見しました。そしてタンクの裏に解けたスポンジを発見しました。2階のトイレが水漏れしていたのですが、1階も確認したらスポンジは解けていましたが、水漏れなし。二階のトイレ、プラスチックのふたをきっちり閉めただけで水漏れは止まりました。でも、用心のためこのジャバラを購入して装着しようと思います。修理に何万円???と暗い気持ちになっていたので、感謝感謝です。
本当にありがとうございます。

投稿: | 2014年3月22日 (土) 16時34分

Toshiです。

コメントいただき、ありがとうございました。

やはりスポンジが溶けていましたか・・・
どうもタンクに付ける消臭剤と相性が悪いようです。

いずれにせよ、私の記事がお役に立てたようで、うれしいです。

投稿: Toshi | 2014年3月23日 (日) 19時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533640/54609713

この記事へのトラックバック一覧です: トイレの水漏れ観察記(笑) ~解決編~:

« トイレの水漏れ観察記(笑) ~調査編~ | トップページ | アウトバックの純正オーディオを交換した ~準備編~ »