« フリーソフトの逸品たち(写真加工編) | トップページ | 浄水器のノズルの煮沸消毒をしてみた »

2011年11月12日 (土)

携帯のデータ移行 ・・・ 水没の後始末

娘が携帯 P-01C を水没させてしまった typhoon

私が聞いたのは、数日経った後だったのだが、水没後の経緯を聞いてみると ・・・

  • その日のうちに docomoショップに持っていったところ、店員がmicroSDカードにデータをバックアップした直後に液晶が乱れだし、まともに表示できなくなった。今、振り返って考えると、カードにバックアップできたのは超ラッキーと言える。
  • その後、バッテリーをはずして数日乾燥させたが、液晶は復活せず。
    仕方なく、1つ前に使っていた携帯 P704iμを使うことにした。(幸い、FOMAカードは無事だったようで、差し替えるだけでOKだった。)
  • データが保存されたmicroSDカードと P704iμを docomoショップに持ち込んだが、P704iμでカードの内容が読めず、P704iμのカード端子故障と宣告される。

ということで、ここで私にSOS。

まずは、水没した携帯をチェックしてみた。

 バッテリーには水没マークが ・・・
 
Mobilephone01

 液晶はもうダメのようだ
 
Mobilephone02

こうなると、できることは、カードのデータを移行するくらいだ。

確かに、P704iμにカードを挿しても内容が全く読めない、と言うか、カード自体を認識していないようだ。我が家にあった別のカードを挿しても同様だ。
しかし、不思議なことにPCで確認してみると、ちゃんとカードのデータが読める。(すぐに、そのデータをPCにバックアップしたことは言うまでもない)

ここでやっとひらめいた thunder
docomoのHPから P704iμの取扱説明書をダウンロードして確認してみたら、やっぱり ・・・・ good
P704iμはSDHCカード、すなわち 容量4GB以上のカードに対応していないのだ。
考えてみると、我が家にある microSDカードは全て 4GBだった。娘に聞いてみると、P704iμの時はカードは使っていなかったとのこと。

早速、2GBのカードを近所のノジマで購入。KINGMAXのカードが特価で390円なり。
ちゃんと、P704iμで認識できた。

ここからやっと、データ移行に着手。
バックアップしたカードのデータをPCで眺めてみると、BACKUPフォルダ以下に、アドレス帳、ブックマーク、メール、テキストメモ、スケジュールがそれぞれ個別のフォルダ別にバックアップされているようだ。(BACKUPフォルダは隠し属性が付いているので注意)

《BACKUP以下のフォルダ構造》

ROOT

+--PRIVATE
     | 
     +--DOCOMO
         | 
         +--BACKUP
             | 
             +--SD_PIM
             |   | 
             |   +--ADDRESS
             |   |   | 
             |   |   +--ADDRESS.VCF <== アドレス帳
             |   | 
             |   +--BOOKMARK
             |   |   | 
             |   |   +--BOOKMARK.VBM <== ブックマーク
             |   | 
             |   +--MAIL
             |   |   | 
             |   |   +--INBOX
             |   |   |   | 
             |   |   |   +--INBOX.VMG <== 受信メール
             |   |   | 
             |   |   +--OUTBOX
             |   |   |   | 
             |   |   |   +--OUTBOX.VMG <== 保存メール
             |   |   | 
             |   |   +--SENTBOX
             |   |       | 
             |   |       +--SENTBOX.VMG <== 送信メール
             |   | 
             |   +--NOTE
             |   |   | 
             |   |   +--NOTE.VNT <== テキストメモ
             |   | 
             |   +--SCHEDULE
             |       | 
             |       +--SCHEDULE.VCS <== スケジュール
             | 
             +--SETTING
                 | 
                 +--SETTING.VNT

 
最初に、このフォルダ構造のまま 2GBの microSDカードにコピーし、P704iμの復元操作でデータを復元しようとしたが、復元対象として認識されない。

2機種の取扱説明書を比較してみて理由がわかった。
上記のBACKUPフォルダ以下には、ワンアクションで全種類のデータのバックアップをとる「一括バックアップ」機能を使用した場合に保存されるのだが(戻すときは「一括復元」を使用)、P704iμには一括の機能はなく、データ種類毎のバックアップ/復元機能しかないため、BACKUPフォルダは参照されないのだ。
データ種別毎のバックアップファイルは、SD_PIMフォルダの直下に、以下のファイル形式で保存されるとのこと。($$$$$は5桁の数字)

電話帳    PIM$$$$$.VCF
ブックマーク PIM$$$$$.VBM
メール    PIM$$$$$.VMG
テキストメモ PIM$$$$$.VNT
スケジュール PIM$$$$$.VCS

そこで、BACUPフォルダ以下のファイルを、それぞれ以下のように名前を変えて SD_PIMフォルダの直下に置いてみた。(番号は、多分、この通りでなくても良いと思う。)

ADDRESS.VCF   ==>  PIM00001.VCF
INBOX.VMG     ==>  PIM00004.VMG
SENTBOX.VMG   ==>  PIM00005.VMG
OUTBOX.VMG    ==>  PIM00006.VMG
NOTE.VNT      ==>  PIM00007.VNT
SCHEDULE.VCS  ==>  PIM00008.VCS
BOOKMARK.VBM  ==>  PIM00009.VBM

予想通り、これで、P704iμでデータ種類毎に復元操作をすることで、上記のデータを復元対象として選択できるようになり無事復元に成功した。
ちなみに、SD_PIMフォルダ直下の PIM_DATA.PIM という管理ファイルは自動的に作成されるようだ。

では。

|

« フリーソフトの逸品たち(写真加工編) | トップページ | 浄水器のノズルの煮沸消毒をしてみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533640/53227163

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯のデータ移行 ・・・ 水没の後始末:

« フリーソフトの逸品たち(写真加工編) | トップページ | 浄水器のノズルの煮沸消毒をしてみた »