« 互換バッテリーを再購入した | トップページ | PND JM-434N を買ってみた »

2011年6月20日 (月)

LEDランタンを米amazonから購入してみた

以前の記事「大地震後に買ってしまった電池類」で 3月11日の大地震後に買った電池類の話を書いたが、その使用目的の一つとして合わせて買いたかったのがLEDランタンである。ネットで人気がある ジェントスのエクスプローラー EX-777XP を狙っていたのであるが、震災後しばらくは品不足で、適正価格では手に入らない状況が続いていた。

その後、EX-777XPの米国仕様版(というか、EX-777XPが日本仕様版なのかも)の Rayovac(レイオバック) SE3DLN Sportsman Xtreme 300-Lumen LED Lantern(長いので、以下 Rayovacと記す)も気になってきた。形や機能は全く同じなのであるが、EX-777XP が暖色系のLEDで明るさが280ルーメンなのに対し、Rayovac の方は白色LEDで300ルーメン flair。キャンプへ行くのならともかく、私のように計画停電対応が主目的であれば、少しでも明るいほうが良いような気がしてきたのだ。また、Rayovacは amazonのマーケットプレイスなどで在庫販売されるようになり、価格的にも入手しやすくなってきた。
そろそろポチろうかなと思っていた矢先、今度はamazonのカスタマーレビューの「米amazonで買った」という声が気になってきた。正直言って、6月になってからは、日本でも3,000円台で買えるようになっていたので、価格的優位さはあまりなくなってきたのだが、「個人輸入をしてみたい」という好奇心の方が勝ってきた。
と、言うことで、ついに米amazon初体験となった。

米amazonからの購入方法については、海外通販.com さんが詳しい。
私もこのサイトを参考にチャレンジしたが、高校程度の英語力があれば特に難しいところはなく、かえって拍子抜けするくらいである。

以下は、私が Rayovac を2つ購入した時の記録である。

【最初に米amazonにアカウントを登録】

TOPページから Sign in を選択
 Amazonus_00_1

I am a new customer を選択
 
Amazonus_00_2

名前やパスワードを入力
 
Amazonus_00_3

【お買い物開始】

商品ページへ移動し、数量(私の場合2)を選んで Add to Cart を選択
 
Amazonus_01

内容を確認して他に買うものがなければ Proceed to checkout を選択
 
Amazonus_02

再度 Sign in
 
Amazonus_03

次に配送先やクレジットカード番号を入力する。(画面は省略)
これらの情報は、1度入力するとアカウント情報と共に登録され、2回目からは初期表示される。以下は、2回目以降の画面である。

送付先に変更なければ Skip to this address を選択
 
Amazonus_04

次は配送方法の選択であるが、Rayovacの場合は 一番安い Standard Shipping は選べない(表示されない)ので、私は次に安い Expedited Shipping を選んだ。配送所要日数が 8-16営業日と表示されているが、通常はこれより早く着くらしい。

配送方法を選んで Continue を選択
 
Amazonus_05

次に支払い方法の選択する。

既に登録済みのクレジットカードでよければ Continueを選択
 
Amazonus_06

やっと最終確認画面。
ここでも、配送先、配送方法、商品や数量、支払方法が変更できる。

 Amazonus_07

右上に配送料金が Shipping&Handling として表示されているが、2つで 11.67ドル、商品代と合わせて 57.65ドル(カードの換算レートが83円/ドルとして4,785円)となっている。(6月5日時点)
なお、配送料金は、日本への配送料金表のページに示された配送料金表から計算できる。

日本への配送料金表(の一部)
 
Amazonus_07_01

今回の 11.67ドルは、

1出荷あたりの料金(8.99) + 1ポンド(lb)あたりの料金(1.49)×(14.4÷16)×2

で計算されたものである。ここで、14.4は Rayovac 1つ当たりの重量(商品ページに表示あり。単位はオンス)でポンドに換算すると 14.4÷16=0.9 となる。最後の 2 は購入数量である。

ちなみに、2-4営業日で届く Priority Shipping の場合は、11.99 + 1.99×(14,4÷16)×2 = 15.57ドル となる。数量や配送方法は、次の注文確定操作まで何度でも変えられるので、自分で計算するより試した方が早いし確実である。
なお、購入価格+送料が 約1万6千円以下であれば関税や消費税もかからないので、最終的に支払う金額はこれで全てである。

最後に Place your order を選択して注文確定すると以下の画面になる。

 Amazonus_08

後日、Sign in して自分のオーダーを確認し、出荷状況が「Shipped」に変わっていれば後は待つだけだ。

 Amazonus_09

Expedited Shipping の場合、荷物追跡情報(tracking information)は表示されるものと思っていたが、私の場合、2週間近く経っても全く更新されず「No tracking information」のまま。
おかしいなと思っていたところ、いきなり荷物到着(国内は日本郵便=旧日本郵政公社が配達)。
結局、日本時間の6月5日深夜にポチって、6月17日、すなわち10営業日目に到着した。(実際は不在のため翌日受け取り)

箱には何故か ROYAL MAIL のシールが ・・・
 
Rayovac_00

 Rayovac_01

緩衝材は上面にショボいエアクッションが申し訳程度
 Rayovac_02

これが待ちに待ったRayovac lovely ・・・でも、想像していたよりも小さい
 
Rayovac_03

早速、点灯してみた。

単1乾電池が3本必要であるが、左が普通のアルカリ乾電池使用、右が単3ニッケル水素電池を単3×2→単1アダプタに入れて使用 ・・・ 差は感じられない

真っ暗な部屋で点灯
 Rayovac_04

底ブタを開けたところ
 Rayovac_05

この記事を書いている時点(6月19日)では、

  • 日本のamazonで、EX-777XPが 3,369円で在庫あり(amazonが販売)
  • Rayovacが 3,890円で在庫あり(マーケットプレイスで送料込み)
  • 米amazonで Rayovacが 25ドル(amazonが販売)

となっている。
なお、Rayovacを日本で買うのであれば、マーケットプレイスに出店している 雑貨屋CHERRY'S さんのサイトから直接購入する方が安いようだ。(私も最後まで、ここで購入しようか迷った ・・・・ )

では。

|

« 互換バッテリーを再購入した | トップページ | PND JM-434N を買ってみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533640/51989751

この記事へのトラックバック一覧です: LEDランタンを米amazonから購入してみた:

» 地震が起きたときの対処法 [地震・災害時に役立つ優先ポイント]
地震や災害発生はいつ起こるかわかりません!! 緊急時に役立つポイントをまとめてみました。 いざというときのために慌てないように地震対策をしておきましょう。 [続きを読む]

受信: 2011年6月21日 (火) 00時42分

« 互換バッテリーを再購入した | トップページ | PND JM-434N を買ってみた »