« 中学入試問題に挑む(その2 解答編) | トップページ | 心の片隅に残っていた傑作 (その1 宇宙大作戦) »

2009年7月19日 (日)

Waterfront の傘(その2 壊れたので修理してみた)

2009年6月9日の記事で Waterfront の70cmの傘を紹介したが、実はあれから数回使用したところで壊れてしまった。
傘をさしているときに壊れたのではなく、駅で、傘を広げたまま振ってしずくを払おうとしたときに壊れてしまった。あまり、強く振ったつもりはないのだが、サイズが大きいためにそれなりに力がかかったのだと推測している。

よく考えてみれば、工業製品にしては珍しく、傘の保証期間は聞いたことがない。傘は消耗品の1つということなのだろうか?(高価な傘にはあるのかいな?)

まずは、壊れた箇所を確認してみる。
この傘は3段折り(正確には1番内側の骨は更に2つに折れる)の傘なのであるが、それらがきれいに(まっすぐに)広がるように、一番内側とその次の骨が針金でつなげられている。今回、その針金と内側の骨の接続部が外れたため、その部分がきれいに広がらなくなってしまった。

破損箇所の写真

1

2

3

修理方法としては、針金の先の輪になった部分を骨の穴の部分に合わせ、そこをハトメ(輪状の固定金具)かリベットで留めれば完璧と思われる。

早速、金具を探しに近くのホームセンターに行ってみた。行ったのは、島忠 府中店である。

まずはハトメを探したが、径が5mm以上しかなく、今回のように1mmくらいのものはない。仕方なく、次に、リベットのようなものを探してみた。
そこで見つけたのが以下の足割リベット(8個 100円)である。

Rivet1

拡大写真 ・・・ 太さは1mm強、長さは10mmくらいである

Rivet2

少し横道にそれるが、この足割リベットは 八幡ねじ という会社の製品であった。聞き覚えがあったので少し webで調べてみると、八幡ねじは、ねじ類では日本のトップ企業で、15万点の膨大な品種を先進のITシステムで「1本単位」で管理しているらしい。その結果、きめ細かい注文にも正確で素早い対応が可能であり、全国のホームセンターのシェアは70%に達しているとのことだ。
市場の広さや商品単価に関係なく、「優れた会社はそのフィールドで極める」ということを実感させてくれる会社だ。

ちなみに、(このITシステムのおかげだろうか)八幡ねじは、一般消費者向けのECサイトも立ち上げている。(==>ココ) ためしに、今回買った足割リベットを検索してみるとちゃんと表示された。(==>足割リベット
私が買ったのは、その中で一番小さいサイズの
「サイズNo-1(入り数8) 標準単価\105 注文単位5」に該当する。
最低注文単位は5、送料は525円なので、ホームセンターにあればそこで買ったほうが割安だ。

島忠 府中店 ひとくち情報(笑)
島忠 府中店では、他に以下のようなものを見つけた。

傘修理セット
通販でもよく見かける商品。500円くらいだったため、写真を撮っただけで素通り。

  Kasa_repair 

Waterfront の傘
何と結構種類がありました。私がわざわざ新宿まで買いに行った70cmの傘も、入口のところと傘売り場に置いてあった。(売価は1,050円で変わらず。)  灯台下暗し・・・・ coldsweats01

  Kasa

家に帰って修理してみた。
針金の先の輪になった部分と骨の穴の部分を合わせ、そこに足割リベットを通してみた。リベットのサイズは目分量で選んだが幸いピッタリのようだ。

4

5

リベットの足は軟らかいので手で簡単に広げることができた。強度的には少し心配だが、とりあえず様子を見ることにする。

この後、1回(短時間であったが)使用してみた限りでは問題ないようだ。(さすがに、今回は振ってはいないが ・・・ coldsweats01

では。

2010年7月11日追記】
つい最近であるが、隣の骨の全く同じ部分の接合部が外れたので(同じ方法で)修理した。この部分は構造的に弱いようだ。
ついでに前回の修理部分を見てみたが、足割りリベットに異変はない。思ったより頑丈だ。

【2012年8月19日追記】
ついに Waterfront の傘が壊れたので買い換えた。その経緯については、記事「
70cmの折りたたみ傘、ふたたび」を参照。

|

« 中学入試問題に挑む(その2 解答編) | トップページ | 心の片隅に残っていた傑作 (その1 宇宙大作戦) »

コメント

ほぼ同じタイプのWaterfrontの折りたたみ傘が壊れて困っていたところにこのページに出会い、無事修理することができました。
手順を載せていただいてありがとうございます!

投稿: びゃく | 2009年12月 5日 (土) 21時49分

びゃく様

コメントいただき、ありがとうございます。
私はこの手の修理は全く門外漢のサラリーマンなのですが、びゃく様のようにコメントをいただけると駄文でもアップしてよかったと感じます。

ちなみに、記事で修理した傘は、現在まで特に問題なく使えています。

投稿: Toshi | 2009年12月12日 (土) 09時50分

はじめまして。
子どもの傘を修理したくて、こちらにたどり着きました。
足割りリベット、名前は知りませんでしたが、こんな風に使えると知り、さっそくホームセンターにて入手。
二ヵ所の故障を無事、直せました。

貴重な情報に感謝いたしております。助かりました♪

投稿: cocue-cocue | 2013年6月23日 (日) 04時28分

cocue-cocue さん

Toshiです。

コメントいただきありがとうございました。

単なる思い付きのアイデアを書いた拙記事がお役にたてたということでうれしいです。
足割りリベットは強度がないので、時々はチェックしてみてください。

では。

投稿: Toshi | 2013年6月23日 (日) 09時25分

買ったばかりの日傘(少々高い)が壊れてしまい残念な気分になっておりましたところ、こちらのホームページを発見いたしました。「足割りリベット」東急ハンズにて購入し、簡単に治りました。オリジナルで、貴重な情報を丁寧に載せていただき、ありがとうございました。

投稿: nuitabu | 2013年9月23日 (月) 16時43分

nuitabu さん

Toshiです。
コメントいただき、ありがとうございました。

私の記事がお役に立てたということでうれしいです。
せっかく買った日傘なので、長持ちすると良いですね。

投稿: Toshi | 2013年9月29日 (日) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533640/45665594

この記事へのトラックバック一覧です: Waterfront の傘(その2 壊れたので修理してみた):

« 中学入試問題に挑む(その2 解答編) | トップページ | 心の片隅に残っていた傑作 (その1 宇宙大作戦) »