« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月の記事

2009年7月19日 (日)

Waterfront の傘(その2 壊れたので修理してみた)

2009年6月9日の記事で Waterfront の70cmの傘を紹介したが、実はあれから数回使用したところで壊れてしまった。
傘をさしているときに壊れたのではなく、駅で、傘を広げたまま振ってしずくを払おうとしたときに壊れてしまった。あまり、強く振ったつもりはないのだが、サイズが大きいためにそれなりに力がかかったのだと推測している。

よく考えてみれば、工業製品にしては珍しく、傘の保証期間は聞いたことがない。傘は消耗品の1つということなのだろうか?(高価な傘にはあるのかいな?)

まずは、壊れた箇所を確認してみる。
この傘は3段折り(正確には1番内側の骨は更に2つに折れる)の傘なのであるが、それらがきれいに(まっすぐに)広がるように、一番内側とその次の骨が針金でつなげられている。今回、その針金と内側の骨の接続部が外れたため、その部分がきれいに広がらなくなってしまった。

破損箇所の写真

1

2

3

修理方法としては、針金の先の輪になった部分を骨の穴の部分に合わせ、そこをハトメ(輪状の固定金具)かリベットで留めれば完璧と思われる。

早速、金具を探しに近くのホームセンターに行ってみた。行ったのは、島忠 府中店である。

まずはハトメを探したが、径が5mm以上しかなく、今回のように1mmくらいのものはない。仕方なく、次に、リベットのようなものを探してみた。
そこで見つけたのが以下の足割リベット(8個 100円)である。

Rivet1

拡大写真 ・・・ 太さは1mm強、長さは10mmくらいである

Rivet2

少し横道にそれるが、この足割リベットは 八幡ねじ という会社の製品であった。聞き覚えがあったので少し webで調べてみると、八幡ねじは、ねじ類では日本のトップ企業で、15万点の膨大な品種を先進のITシステムで「1本単位」で管理しているらしい。その結果、きめ細かい注文にも正確で素早い対応が可能であり、全国のホームセンターのシェアは70%に達しているとのことだ。
市場の広さや商品単価に関係なく、「優れた会社はそのフィールドで極める」ということを実感させてくれる会社だ。

ちなみに、(このITシステムのおかげだろうか)八幡ねじは、一般消費者向けのECサイトも立ち上げている。(==>ココ) ためしに、今回買った足割リベットを検索してみるとちゃんと表示された。(==>足割リベット
私が買ったのは、その中で一番小さいサイズの
「サイズNo-1(入り数8) 標準単価\105 注文単位5」に該当する。
最低注文単位は5、送料は525円なので、ホームセンターにあればそこで買ったほうが割安だ。

島忠 府中店 ひとくち情報(笑)
島忠 府中店では、他に以下のようなものを見つけた。

傘修理セット
通販でもよく見かける商品。500円くらいだったため、写真を撮っただけで素通り。

  Kasa_repair 

Waterfront の傘
何と結構種類がありました。私がわざわざ新宿まで買いに行った70cmの傘も、入口のところと傘売り場に置いてあった。(売価は1,050円で変わらず。)  灯台下暗し・・・・ coldsweats01

  Kasa

家に帰って修理してみた。
針金の先の輪になった部分と骨の穴の部分を合わせ、そこに足割リベットを通してみた。リベットのサイズは目分量で選んだが幸いピッタリのようだ。

4

5

リベットの足は軟らかいので手で簡単に広げることができた。強度的には少し心配だが、とりあえず様子を見ることにする。

この後、1回(短時間であったが)使用してみた限りでは問題ないようだ。(さすがに、今回は振ってはいないが ・・・ coldsweats01

では。

2010年7月11日追記】
つい最近であるが、隣の骨の全く同じ部分の接合部が外れたので(同じ方法で)修理した。この部分は構造的に弱いようだ。
ついでに前回の修理部分を見てみたが、足割りリベットに異変はない。思ったより頑丈だ。

【2012年8月19日追記】
ついに Waterfront の傘が壊れたので買い換えた。その経緯については、記事「
70cmの折りたたみ傘、ふたたび」を参照。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

中学入試問題に挑む(その2 解答編)

今回は、前回出した中学入試問題の解答編だ。

まず、問題を再掲する。

【問題】
1辺が6cmの正六角形を下図のように直線でAとBの2つに領域に分けた場合、AとBの面積の比を求めよ

Nyuushiquestion1

解答は以下の通り。

【解答】
下図のように、Aの左側に補助線を引いて三角形Cを作る。Cは一辺6cmの正三角形で、元の正六角形の面積(A+B)の1/6である。

Nyuushianswer1a

Cの面積と(C+A)の面積の比は、(6×6):(6+2)×(6+5)=36:88 である。

何故、このような比になるのか私には直ぐにピンとこなかったが、受験生の常識(公式)らしい。確かに、以下のように図に書いてみると理解できる。

Nyuushianswer1b

上図で、C(三角形abc) と C+A2(三角形abe) の面積比は、底辺長の比と同じなので r:R である。
また、 C+A2(三角形abe) と C+A1+A2(三角形ade) の面積比は、同様に s:S となる。
従って、C(三角形abc) と C+A1+A2(三角形ade) の面積比は
(r+s):(R+S) となる。・・・・・ ナルホド

従って、Cの面積を36とすると、Aの面積は 88-36=52、Bの面積は 36×6-52=164 となり、求めるAとBの面積比は 52:164=13:41 が正解である。

別解として、以下の考え方もある。(もちろん、他にも色々あろうが・・・・)

【別解】
下図のように、Aの部分を2つの三角形 A1とA2に分けて考える。

Nyuushianswer1c

それぞれについて、以下の赤い三角形に対する面積比率を考えてみる。Nyuushianswer1d Nyuushianswer1e

左図でA2は赤い三角形の 2/6=1/3、 
右図でA1は、底辺が 5/6、高さが(6+2)/6=4/3 なので、面積は (5/6)×(4/3)=10/9 である。
従って、A=A1+A2 の面積は、赤い三角形の 1/3+10/9=13/9 となる。
一方、赤い三角形は一辺6cmの正三角形と同じ面積なので、正六角形の面積はその6倍である。
よって、求めるAとBの面積比は 13/9:(6-13/9)=13:41 となる。

どんな問題もわかってみれば簡単だ。 coldsweats01

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

中学入試問題に挑む

我が家の次女もあっという間に小六となり、現在中学入試に向けた受験勉強をしている。中学受験では、本人の頑張りももちろん必要であるが、それ以上に親のサポート・管理能力が重要だということらしい。(と、娘が通っている塾が言っていると妻から聞いた。)

ということで、娘とともに日夜妻も頑張っているのであるが、受験に関しては私はあまり役に立たないので、とりあえず邪魔をしないように、娘にちょっかいをかけるのは控えめにしている。

受験生の子を持っていない方は知らないと思うが、中学入試の問題レベルは結構高く、私も一般社会人の平均的な知識や能力はあると自負しているが、本気モードで挑んでも歯が立たない問題が結構多い。社会などの記憶系に至っては全滅である。

私は理系学部の出身なので、算数と理科の物理系を中心に、解答のない問題や解説がわかりにい問題について、時々説明することで何とか威厳を保っている。
大抵の問題は若干の冷や汗をかくことはあっても何とか解答にたどり着くのであるが、時々、全く解き方がわからない問題に出くわすことがある。(解答があればそれを解説すればよいのだが、ない場合は、「塾に行って聞け。そのための塾だ。」と言って退散するしかない ・・・ トホホ coldsweats01

私も以前は、「中学入試の算数の問題は方程式が使えないので難しい」という誤解をしていたが、実際は、ズバリ x , y を使った式は使わないものの、方程式同様の解き方で解くのも禁じ手ではない(結構、そのような解答例も多い)ので、「方程式使用の有無」が難しさの理由ではなく、単に問題のレベルが高いのだ。

と言うことで、今回は私の手の出なかった問題を1問載せる。
これは、娘の塾のテキストにあった問題だが、麻布中学の今年(2009年)の入試に類似問題がでたようだ。なお、問題は少しだけ数字を変えている。

【問題】
1辺が6cmの正六角形を下図のように直線でAとBの2つに領域に分けた場合、AとBの面積の比を求めよ

Nyuushiquestion1

正解は近いうちにアップ予定。

では。

fuji 祝! 1万アクセス 2009年7月12日 dog

【2009年7月18日追記】
正解をアップしました。(==>ココ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

スポーツオーソリティのリュック

以前、私が普段の通勤で愛用しているエンドー鞄のビジネスバッグを紹介したが、今回は、週末に使用しているリュックについて紹介する。買ったのは2年くらい前になると思う。(ネタが古くてすみません。 coldsweats01 ) 

私の場合、山登りなどをするわけではなく、買い物や子供の学校行事などのちょっとした外出での荷物収納を目的に、あまりデザインが派手でなく、値段も手頃なリュックを探していた。いくつのお店を覘いてみたのだが、ピンとくるものは最低でも7-8000円はするし、安いものはイマイチだし、という感じが続いていた。

そうこうしているうちに、ふと家族で行ったお店でそれを見つけた。
買ったのは、偶然にも、私が10年前にエンドー鞄を買ったダイクマ府中店(今はヤマダ電機 テックランド府中店)と同じショッピングセンター内にある スポーツオーソリティ府中店である。(ダイクマがあった頃はそのフロアには「家具の宝船」(2003年倒産)が入店していた。)

スポーツオーソリティはイオングループの大型スポーツチェーンで、HPで見ると北海道から鹿児島まで80店舗くらいあるようだ。さすがにイオンのモール内の店が多い。府中店もそうだが、店舗のフロア面積が広いのが特徴(売り)のようだ。

私はスポーツとは縁遠く、スポーツオーソリティについても、広くて品揃えがよく、値段もそこそこ安いという印象を持っているものの、年に数回行く程度だ。最近も娘の体育用のジャージを購入したが、私自身のものは7-8年前にスノーレジャー用のグローブを買った記憶しかない。

実は、私が買ったグローブとリュックには共通点がある。ただし、この共通点を意識して買ったわけではなく、私の好み・基準で選んだ結果、どちらもその共通点があったということだ。
その共通点とは、どちらも「SPORTS AUTHORITY」ブランド、すなわちスポーツオーソリティの企画・販売商品だったのだ。私の数少ない経験で敢えて言い切ると、「SPORTS AUTHORITY」ブランドの商品は結構優れものであり、デザインはシンプルだが、機能や値段などの総合面での満足度は高くお薦めである。

以下、私が買ったリュックの写真である。
値段を忘れてしまったのだが、高くても3000円代だったと思う。

前後から見た写真
 As_ruck1  As_ruck2

横から見た写真(マチを広げることも可。下には折畳傘入れ有り)
 As_ruck3  As_ruck4

付属しているノートPCケース(マジックテープでリュック本体の内側に貼付ける)
 As_ruck5   As_ruck6

タグのロゴ
 As_rucklogo

実は、最近、スポーツオーソリティに行ったときにリュック売り場を覘いてみたのだが、代替品を含め類似の商品はもう売っていなかった。
HPのオンラインショップやYahoo店でもないようだ。

この記事で興味を持った人・・・・  ゴメン coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »