« ジャンクションを使ってみる(その1) | トップページ | ジャンクションを使ってみる(その2 実践編) »

2009年6月 9日 (火)

Waterfront の傘

最近、梅雨入りも近くなり、雨も多くなってきた。
今日は傘の話である。

私は不意の雨に備えて常時折り畳み傘をカバンに入れて持ち歩いている。それが可能になった(苦にならなくなった)のは、数年前に駅ビルの雑貨屋で waterfront というブランドのポケフラットという傘を見つけてからである。

ポケフラット - NOUVEAU(ヌウボー)というお店のHPから
http://www.villagestore.jp/nouveau/pocketflat/

Pocke_flat

この傘のすごいところは、常時携帯というニーズに対し、「傘はたたむと丸い」という固定観念に囚われず、薄べったい板状にしてしまったことだ。確かに、私のように、ある程度の大きさのカバンを持ち歩くサラリーマンにとっては、サイズが少々大きくても薄いほうがカバンに収まりやすい。
更に驚きなのは、これで定価が \525 という点だ。この薄さにこの価格であれば、何回か使用した後壊れても惜しくはないと思える価格設定だ。

私はもう3年以上は愛用しており不意の雨のとき何度もお世話になったが、少々のガタはきているものの、まだ十分使える状態であるということから、なかなか作りも悪くはないと言える。

とは言っても、ポケフラットは常時携帯用、すなわち不意の雨用の傘なので、サイズは親骨長50cmと小さく、強い雨の時は流石に厳しい。そのため、朝から雨だったり日中から雨が降りそうなときは、通常の長傘を持ち歩いていたのだが、私の場合、置き忘れる確率が非常に高い上に満員電車の中で邪魔になって仕方がない。

最近出勤時間を少しずらしたため電車の混雑度がアップしたことで、ついに意を決して、大き目の折り畳み傘を探すことにした。長傘でも親骨長70cmで大型と言えるので、「70cmの折り畳み傘」をターゲットにwebで探してみた。
このサイズの折りたたみ傘はそんなに種類があるわけではないが、1万円以内で数種類は見つけることができた。中には自動開閉機能付きのものもあったが、とりあえず NOUVEAU(ヌウボー)というお店のショッピングサイトにある傘を買うことにした。

三つ折70cm/ブラック/無地(NOUVEAU/ヌウボー オンラインショッピング)
http://www.villagestore.jp/nouveau/big70/002302.html

Cat70cmbanner

決め手は、1050円と断トツに安いということと、店が新宿にあるので直接買える(早いし送料がいらない)という点である。

店は新宿ペペ2階ということであったが、西武新宿の駅構内の小さな雑貨屋といった感じだ。色は3色しかなかったが、とりあえず黒をゲットした。
で、買ってみて驚いた。waterfront だったのだ。(後でよく見れば、NOUVEAU のサイトにも書かれてあった。)
実際に手にして見ると、さすがに70cmサイズだけあってかなり厚みはあるが重さは見た目より軽い。骨は7本なので耐久性は少し不安だ。
先日の雨で早速使ってみたのであるが、やはりサイズが大きいと安心感が違う。これから雨のときは、長傘に代わって活躍してくれそうだ。

それにしても、ポケフラットと言い、70cmの折りたたみ傘と言い、 waterfront ブランドは侮れない。
メーカーは シューズセレクション という傘専業メーカーで、HPによれば年間1億2000万本といわれる日本の洋傘市場の約14%を押さえているらしい。

シューズセレクション(Shu's Selection)
http://www.water-front.co.jp/

以下の船井総研のページにシューズセレクションの社長の話が載っているが

  • 都市生活者の傘の使い方に着目
  • 良い傘を安価につくることにこだわり続け「100円の飲み物を砂漠の真中で80円で売るような驚きを傘の分野でお客さんに与えたい」

といった着眼点やポリシーが書かれており、「良いものを企画して驚くような価格で提供する」という考えは、まさに傘業界のユニクロ、ニトリといった感じだ。

社員30人の企業が日本の傘市場の17%を獲得(シューズセレクション) | 船井総合研究所 経営コンサルタント
http://www.funaisoken.co.jp/site/column/column_1181114459.html

ただ、カジュアルファッションやホームファッションに対し、傘は市場が限られているので、日本の市場を独占したとしても売上げは1億本×500円=500億円止まりだ。
だが、コンパクトな折りたたみ傘は、海外、特にヨーロッパなどでは結構市場があるような気がする。(調べたわけではなく感覚だが・・・ coldsweats01
ポケフラットや更に小さいスーパーポケミニなどは、色もカラフルに展開しており、この価格であれば、イギリスの Boots あたりに置けば飛ぶように売れるような気がするのだが・・・・

【2009年7月19日追記】
実は、70cmの折りたたみ傘は、この後数回使用したところで壊れてしまった。(==>その報告はココ

|

« ジャンクションを使ってみる(その1) | トップページ | ジャンクションを使ってみる(その2 実践編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533640/45282820

この記事へのトラックバック一覧です: Waterfront の傘:

« ジャンクションを使ってみる(その1) | トップページ | ジャンクションを使ってみる(その2 実践編) »