« Windowsのアクセス権設定(その1) caclsコマンド | トップページ | Windowsのアクセス権設定(その2) 実践編 »

2009年5月 9日 (土)

通販でカニを買う

私は結構カニ好きである。
とは言え、「しょっちゅう食べるものではない」という感覚が昔から何となくあり、以前は年に1度くらい、スーパーでパックに入った冷凍ものを買ったりしていた。ところが、日経トレンディの2007年1月号でカニ通販の比較記事があり、「生ものを通販で買うのもアリ」「足折れなどの訳あり品がそれなりに安く買える」ということを知ってからは、年に2-3回くらいの頻度で注文するようになった。

私が買ったことがあるのは、以下の2店である。
どちらも、その時々で若干の当たり外れはあるが、個人的には概ね満足しておりリピートしている。

かなはし水産(日経トレンディで高評価)
かなはし水産は Yahoo店もある。(品揃えや値段は上と同じみたい)
マルヒラ水産(何となく良さげな気がする)

きっちりと決めているわけではないが、何となく以下の選択基準でお店を選んでいる or 今後選んで行こうと思っている。

・ (冷凍品でない)活カニを扱っている
・ 訳あり品でもよいのでお手ごろ値段
・ 北海道にあり、自社で水槽を持っている
・ ホームページがケバケバしくない

特に1番目は重要なポイントで、非冷凍品を食べだすと、もう冷凍品には戻れないくらいに味がちがうと思う。(冷凍品は塩辛く、食感も湿った感じ(?)という感覚が私にはある。)

4番目のポイントは、私の気分的な理由によるものだが、ホームページにダラダラとカニの写真や売り文句を(それもバカでかく)貼られると、店のスタンスを疑ってしまって買う気が失せてしまうのだ。(という理由で、テレビでよく紹介されているカニ通販では結構有名な マルキタ水産 には未だに手をだせないでいる。)

さて、このゴールデンウィークにもカニを買ってみた。買ったのは、かなはし水産の以下の商品である。(我が家には、カニを茹でる大きな鍋がないので茹でた状態のものを送ってもらっている。)

まずは、ホームページの商品紹介から。

毛がに2Kg 1セット(訳あり)
※ずいぶん前から 30箱限定だ。Yahoo店の同商品には限定表示はないので結構いい加減みたい coldsweats01

Kani1_4

ずわい蟹600g 1尾

Kani2_3

代金合計は、5,980 + 946 = 6,926円(送料込み)であった。

かなはし水産は釧路、私は東京であるが、配達指定日の前日に茹でて、クロネコの航空便(冷蔵便)で送られてきた。
それで届いたものが以下である。

毛がに 3尾

Kani_kegani1

Kani_kegani2_2

ずわい蟹 1尾

Kani_zuwaigani

毛がには「訳ありセット」なので、大きさや個数はおまかせなのであるが、写真のように3尾入っていた。写真を良く見ると判るが、それぞれ足が1~2本なく、これが訳ありの理由だ。
重量は、毛がにが 600g×2、500g強×1、ずわい蟹が 500g弱であった。
どちらも規定重量に達していないが、茹でると1割程度は目減りするということらしいので、まあギリギリ許容範囲内か。

身入りはなかなかよく、家族4人で2晩で平らげた。

皆さんもカニ好きであれば、カニ通販、なかなかお薦めです。cancer cancer

【2009年11月19日追記】
また、かなはし水産でカニを注文した。
興味のある人は「通販でカニを買う(その2 今回はタラバとズワイの足セット)」へ

|

« Windowsのアクセス権設定(その1) caclsコマンド | トップページ | Windowsのアクセス権設定(その2) 実践編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533640/44950517

この記事へのトラックバック一覧です: 通販でカニを買う:

« Windowsのアクセス権設定(その1) caclsコマンド | トップページ | Windowsのアクセス権設定(その2) 実践編 »